ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

はらへったずら。



概要

黒く巨大な鳥で、マルガリータにこき使われていることに不満を抱いており、時折マルガリータの銅像に八つ当たりしている。

初登場はマシュマロの国。マルガリータからは国の権力を取るために、マロ王子として紹介されていた(国民たちには、「真っ黒」や「太った」など、さほど違和感を感じていなかった)。事件解決後、マルガリータ共々逃亡する。


なにかんがえてるのによると、ハラが減っているらしく、マルガリータ戦ではもう帰るとも考えていた。また、その時の口調は「~ズラ」。


エンディングではブッキーとマルガリータの結婚式で牧師を務めていた。

名前はドドリゲス、容姿はキューちゃんがモデルと思われる。


リメイク版のモンスターリストでは卵から孵って初めて見たマルガリータを親だと思っている事と、本当の親でない事を知っても育ててもらった恩を忘れられない旨が明かされた。



ドドが来たっ!

ドドが来た!!


マシュマロ宮殿に侵入後強制的に行われるミニゲーム。

見出し名はこの時のBGM。

銅像に八つ当たりするドドの攻撃をジャンプでかわすというもの。ドドの行動パターンは固定されている。


ジャンプする瞬間を見られたり、突つかれたりすると失敗となり、最初からやり直しとなる。2回失敗すると戦闘になり、何も手に入らない。成功すれば素早さを上げるアクセサリー「ドドのはね」を入手できる。


リメイク版ではドドのはねがドゥカティの掘り出し物屋でも販売されており、上記のミニゲームを成功していれば2個所持できる。


因みにマリオRPGの作曲を担当した下村陽子氏はこの曲を最初に作っていたこと、音楽ゲームを作りたいという要望でゲームの仕様、タイミングに完璧に合うようにしていたことを明かした。



バトル

3回戦闘する機会がある。いずれも弱点は炎属性。

1回目と2回目はステータスが同じで、3回目だけ異なるため、リメイク版の図鑑では二つ分登録される。


1回目はミニゲームで失敗したとき。


2回目はマルガリータ追跡時。

ここだけシンボルエンカウントとなっているため、大抵のプレイヤーからは前の部屋でスター状態になったマリオにそのまま蹴散らされる運命となっている。

なお、リメイク版の図鑑はスターで轢いても登録される仕様になっている。ミニゲームに成功している場合でも安心して突撃しよう。


3回目はマルガリータ戦。

戦闘開始時に中央のキャラクターがドドに連れ去られ、タイマンでバトルする。倒すと一旦残りの二人とマルガリータの戦闘に移り、しばらくすると連れ去られたメンバーとドドが参加する。合流後では、ドドから倒すと行動をしなくなるだけだが、先にマルガリータを倒すと戦闘は終了となる。

ロマン派ならマロ、楽に勝ちたいならクッパを真ん中にしておこう。

ドドは物理攻撃しかして来ず沈黙の状態変化も通常攻撃主体のクッパならさほど問題にならないからである。

マロを使うならアイテムを仕込んでおき、スペシャル技を連発して一気に倒し切る事。

なお、ここまで来たら分かっているだろうがこのバトルでは縛りプレイ目的でもない限り『絶対にピーチ姫を真ん中に置かない事』



余談

前述の通りドドの名前はドドリゲスから取ったと思われる。

ちなみにスーパーマリオくんに登場するドドリゲスは、絨毯をふろしきのようにしてマリオたちを拉致している。また同僚のキャサリンとは仲が悪く、キャサリンはある人物に惚れて改心してしまったため袂を分かっている。



関連タグ

全体タグ

スーパーマリオRPG / マリオシリーズ


作中に接点のあるキャラクター

マルガリータ


その他

ドドリゲス:マリオシリーズに登場する黒い鳥。

キューちゃん:マリオシリーズに登場する黒い鳥。

関連記事

親記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13357

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました