ピクシブ百科事典

ドル・サタン

どるさたん

アニメおよびコミック『獣神ライガー』の登場キャラクター。

CV:勝生真沙子

ドラゴ帝国四天王筆頭で、氷の将軍とも称される。親衛隊を率いており、諜報や特殊攻撃を得意とする。

ハイレグアーマーを身にまとったプロポーション抜群の美女。性格は冷静で狡猾、見下している相手に対しては限りなく冷酷。一方で、戦士としてのプライドや気高さを持ち合わせる。
人心を操る術に長け、人間の女に変装して人の悪意を煽り争いをけしかける。

リュウ・ドルクには対抗心を持っているが、戦士として認めてもいる。

ドルクが人間界で行方不明になったとき、女帝ザーラが「あやつ(リュウ・ドルク)を人間に近づけてはならぬ。一刻も早く連れ戻すのだ!」と焦って命じる姿を見てから、ドルクの出自に疑問を抱き、独自に調べるようになる。やがて、人間に興味を持ち変わっていくドルクを気にするようになり、自身も帝国の在り方に疑問を持つに至る。

後にドルクへの愛を自覚して、帝国への叛意を露にするが、元部下のドル・ガイストに悟られ計画は失敗。ドルクを守るために、自分を羽交い絞めにしていたガイストを自分もろとも槍で貫くことで、危機を救う。愛するドルクに看取られながら、来世で「人間の女」として再び遇うことを夢見ながら散った。

コミック版

永井豪氏によるコミック版でも諜報に長けており、ライガーの操縦者が「大牙剣という名前の少年」であることをいち早く突き止めた。
コミック版でもメタルナイトをお披露目していたが、その際にドル・ガイストは登場せず、後に登場してからも彼が「メタルナイトを開発した元部下」かは明言されていない。

関連タグ

獣神ライガー リュウ・ドルク
女将軍

アデル:他作品の女将軍。「四幹部の筆頭格」「年少の幹部を愛し、その者のために反旗を翻す(こちらは姉妹愛だが)」など、共通点がある。

関連記事

親記事

獣神ライガー じゅうしんらいがー

兄弟記事

コメント