ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ネルソン(KOF)

ねるそん

SNKのキャラクターが一堂に会する『ザ・キング・オブ・ファイターズ』シリーズのキャラクター。『XIV』より登場する。
目次 [非表示]

プロフィール編集

名前ネルソン(Nelson)
格闘スタイルボクシング
誕生日12月27日
出身地ブラジル
身長175cm
体重69kg
血液型A型
趣味スポーツ観戦
好きな食べ物シュラスコ
得意なスポーツスポーツ全般
大切なものリーチャ(意識不明で入院中の婚約者)
嫌いなもの減量
声優高梨謙吾

概要編集

SNK格闘ゲームの人気が高い南米市場を睨み、南米代表の主人公ポジションとして設定された。

ザ・キング・オブ・ファイターズXIVより登場。


ある事故により片腕を無くし婚約者のリーチャも昏睡状態となってしまった天才ボクサー。

顔にその時の傷が残っている。

とある親切な企業(本人談)の支援でサイボーグの義手を手に入れ、恋人の治療費を稼ぐために格闘家として再起を図る。

サバサバした性格の好青年で、チームメイトとのやり取りでは軽口も飛ばす今時の若者。


キング・オブ・ダイナソーがベビーフェイスの頃に異種格闘技戦の対戦相手として敗北させたことがあり、彼がヒールレスラーへと転身したきっかけを作っている。

ネタバレ注意編集

エンディングではリーチャが回復してハッピーエンドとなるが、同時に前述のとある企業の陰謀を窺わせる不穏な描写がされている。マキシマが彼の義手を見て何かに気付いたことから、ネスツの技術が使われていると思われ、実は事故自体が企業によって仕組まれていたことが判明していた。なお件の企業は次の適材を探しているようだった。

コミック版の設定編集

KOF XIVコミカライズ版「KOF A NEW BEGINNING」ではネルソンの義手は、ネスツ残党がイグニスの再臨のために開発した特殊なナノマシンで構成された義手だった。

K'チームとの試合中にネルソンを操り、さらに次元亀裂(バース)のデータの収集するためにクーラを利用して時間を稼いでいる間に残党基地に転送されたデータを元にイグニスは自我を持って復活する。


しかし、ネスツに個人的な恨みを持つ草薙京によってメインコンピューターを壊されたイグニスはネルソンの義手に転移し、体を乗っ取ろうとしたが自我を取り戻したネルソンとバンデラスサリナによってネルソンの左腕から引き剥がされた。最後はK'によって跡形無く燃やされた。

終盤では片腕のみで登場しており亡者として一時復活したクリザリッドを相手に闘っていた。

コミック版の義手の機能編集

ナノマシンで構成された腕はリーチのある変幻自在な攻撃を繰り出す他にK'の必殺技を受けてバラバラになっても元通りになる。(さらに受けた攻撃をエネルギーに変えてパワーアップする機能付き)

作中では指先から特殊な装置をクーラの頭に取り付けて一時的だが記憶を初期化させた。「アンチK'」の頃に戻ったクーラを利用してデータ収集の時間稼ぎの為にK'達と戦わせたり、次元亀裂から収集したイグニスの戦闘データから四本のワイヤー状の武器「イーリランス」による高速攻撃でK'達を苦しめた。

性能編集

必殺技はコマンド投げと移動技の2種類のみで、派生可能な特殊技によるコンビネーションを攻撃の主体とする異色のキャラクター。

近距離でのガード崩しや連続技、セットプレイに強みを持ち、いかに自分の間合いに持ち込むかが課題となる。

とにかく接近でないと話にならない性能で、飛び道具持ちが大の苦手。特に初期バージョンでは飛び道具の攻撃判定が大きめに設計されていたため、ランク上では冷遇されていた。

KOFXVにおいては編集

リストラ。

ネルソンへのリベンジを目指しているキング・オブ・ダイナソーは継続参戦しているのだが、肝心のリベンジ相手が不参戦の形となった。

婚約者の問題も解決したため、ネルソンがKOFに参戦する理由も然程無いといえば無いのも事実だが…。

南米チームはXVではまさかの全員不参戦となった。

関連タグ編集

KOF 南米チーム サリナ(KOF) バンデラス・ハットリ

関連記事

親記事

KOF新章 けいおーえふしんしょう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7116

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました