ピクシブ百科事典

ハコベ

はこべ

ハコベはナデシコ科ハコベ属の総称。通常ハコベと呼べばコハコベのことを指す。越冬する1年草であり、春の七草のひとつだが、何処にでも生えるので雑草としても扱われる。
目次[非表示]

概要

道端によく生えており、草丈はコハコベが20cm程度だが、近縁種のミドリハコベやウシハコベなどは50cmほどに成長する。3月から5月にかけて白い小さな花を咲かせる。別名としてハコベラなど。
比較的肥沃な土地に生え、ひとつの株から多く枝分かれさせて密集した群落を形成する。

食用として

コハコベは七草粥などにされて食用にされる。コハコベ以外のハコベ類も食用とされ、おひたしなどで食用にされる。

関連タグ

植物 雑草

春の七草
セリ ナズナ コオニタビラコ すずな ハハコグサ すずしろ

pixivに投稿された作品 pixivで「ハコベ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 428

コメント