ピクシブ百科事典

ハルトムート

はるとむーと

ハルトムートとは、「本好きの下剋上」に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

プロフィール

誕生季
属性少なくとも土・光・火・風・命 → 全属性(名捧げにより)
所属領エーレンフェスト→アレキサンドリア
役職ローゼマインの文官、神官長
瞳の色/髪の色明るい橙/朱色
CV堀江瞬内田雄馬


概要

本好きの下剋上」に登場する上級文官。ローゼマインより4歳年上。
ローゼマインの貴族院入学と共に側近入りするが、2年前時点で心酔しており心は既に側近入りしていた。
ローゼマインを心から崇拝する聖女信奉者。
何かにつけて聖女賛美をし周囲をドン引きさせている狂信者だが、文官としては非常に優秀。
むしろ優秀過ぎて手に負えない。
ローゼマインを世界の中心に据えており、ローゼマインの望む結果となるように暗躍し、ローゼマインに敵対する者は例え領主であろうが王族であろうが容赦しない。

その強烈過ぎるキャラクターから読者の間でコアな人気を誇っている。

人物

母はローゼマインの側仕えであるオティーリエ、父はフロレンツィアの文官であるレーベレヒト。
人懐っこい笑みを浮かべ人と関わるのが上手い。他人の懐にするりと入り、情報を引き出すのを得意としている。
常識を弁えたユストクス。

.....そんな風に思っていた時期もありました。

元々は何にしても程々で済ませる冷めた少年だった。しかし、ローゼマインの洗礼式で披露された大規模な祝福を見た事で興味を持ち、その後シルヴェスターが語る聖女伝説に感動し、瞬く間にローゼマインへとのめり込む。
これには母親のオティーリエも幼なじみのコルネリウスもドン引きした。今もしている。
念願の側近入りを果たした後は貴族院での聖女伝説の流布と新たな聖女伝説誕生に力を入れ、自身も生涯の課題として聖女伝説の研究を日々進めている。
これにはローゼマインもドン引きした。もはや諦めた。

元々は典型的な上級貴族の考え方をしていたが、ローゼマインの押し進める印刷業を初めとする様々な産業と関わるうちに考え方を改め、ローゼマインにとって必要不可欠である大事な手足として平民との接し方を学んでいく。
また貴族社会では忌諱されている神殿も聖女伝説誕生の地として進んで足を運び、業務の傍ら孤児院での聖女伝説を収集し逆に新たな布教活動も行っている。ローゼマインの素晴らしき聖女伝説に目を輝かせて何度も話をせびる孤児院の子供達はハルトムートのお気に入り。

フェルディナンドの王命によるアーレンスバッハ婿入りの際は、婚約者がいるにも関わらず期限付き神官長へと就任。悲嘆するどころか、これでようやく儀式を間近で見れると喜んだ。

アレキサンドリア移籍後は無事にクラリッサと結婚した模様。

能力

ことローゼマインの為ならば、あらゆる物事を柔軟に対応し処理する。
日頃から様々な情報を集めており、ローゼマインが起こす突飛な事態にも即座に対応し嬉々として同行する。
当初は「主のため」と言いながら自分の都合のいいタイミングで情報を開示していたが、それを叱責されて以降は本当の意味でローゼマインの望みのために仕える。
主に全ての情報を献上するユストクスとは違い、時にローゼマインにも情報を伏せ暗躍する事も多々あるが、必ずローゼマインの利益となるように調整し、場合によってはフェルディナンドの意見を優先させる場合も。これはローゼマイン自体が貴族社会の常識に疎く、彼女の指示だけでは彼女の望むべき結果を得られない場合が多いため。

護衛付き採集の一件から騎士の戦闘訓練にも参加するようになり、ユストクスからはあらゆる技能を仕込まれたらしい。それにより、ターニスベファレン襲撃では陽動として活躍し、アーレンスバッハ礎争奪戦ではクラリッサと共に最前線へ同行。製作した魔術具でローゼマインを的確にサポートした。

神殿へと通うようになってから同僚達と「誰が一番に神具をシュタープで作れるようになるか」を競い合い、神官長に就任して以降は神具への魔力奉納をしまくる。結果として神具エーヴィリーベの剣を作成可能。

関連項目

小説家になろう 本好きの下剋上 ローゼマイン
狂信者 信奉者 教祖 文官 変態

関連記事

親記事

本好きの下剋上 ほんずきのげこくじょう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ハルトムート」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 94465

コメント