ピクシブ百科事典

ハワード・カーター

はわーどかーたー

20世紀西洋人。学者。

概要

イングランドで生まれた。父親は画家であったため、写生画法を学んでいた。
17歳の頃ニューベリに写生画家として雇われ、初めてエジプトへ行き、そこで学んでいくうちに遺跡の補佐官になった。
「王家の谷」の発掘をスタートさせ、ツタンカーメンの王墓を発見し有名となった。

関連タグ

エジプト ツタンカーメン
学者

pixivに投稿された作品 pixivで「ハワード・カーター」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 360

コメント