ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要編集

 『武装錬金』に登場する錬金戦団戦士長・坂口照星の持つ全身甲冑の武装錬金。

 身長57m・重量550tという武装錬金の中でも最大に近いサイズであり、内部で照星が操作するモビルスーツ。むしろ戦隊ロボか。でかい外見に似合わず動きは機敏で、背部の「ガン・ザック」と呼ばれるスラスターで超スピードでの突撃や短距離飛行が可能。その破壊力は武装錬金を含めた現存しうる全ての兵器を上回る(公式ガイドブック『武装錬金∞』より)。どんだけだよ。


 最大の特性は、内部に載っている人物の武装錬金をバスターバロンのサイズに合わせて具現化するという能力であり、その分破壊力も格段に上がる。勿論複数の武装錬金を同時並行して展開することも可能。もしジェノサイドサーカスの人が乗ってたらどうなってたんだろうか。

 作中ではヴィクター・パワードとの戦闘に際し、照星に加え火渡赤馬円山円戦部厳至根来忍犬飼倫太郎ら再殺部隊、さらに早坂秋水が搭乗し怒涛の波状攻撃を仕掛けるに至ったが、擬態を脱ぎ捨てたヴィクターのフェイタルアトラクション破壊されてしまった(しかし核鉄は無事だったので復活)。

 最終回では火渡のブレイブオブグローリーを使ったロケット、そして毒島華花エアリアル・オペレーターを使った酸素ボンベを使用し武藤カズキを迎えにまで向かった。


由来編集

 モチーフは勿論、和月伸宏の前作『GUN・BLAZE・WEST』に登場した甲冑男爵

鋼の武装錬金 アルフォンス編 その2

 もちろん鎧に錬金術だからってだからってこれとは関係ない。


関連項目編集

 巨大ロボ 全部乗せ

関連記事

親記事

坂口照星 さかぐちしょうせい

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4070

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました