ピクシブ百科事典

ビビット(ここたま)

びびっと

ビビットとは、『かみさまみならい ヒミツのここたま』のキャラクター。
目次[非表示]

CV:矢作紗友里

概要

人物

かみさまみならい ヒミツのここたま」に登場する、物から生まれた見習い神様(ここたま)
性別は女子(たまごパンツの切れ目が波線型)で、本名は「ビビットハートのみこと」。
契約者ここたまのため登場時からレギュラー格だったが、新章(第77話以降)からはこの新契約ここたまにポジションを譲る事になった。
公開がTVアニメ版が新章後である劇場版には登場しており、こちらには初期のビジュアルにも描かれていた(また劇場版には新章後のキャラは登場しない)。

頭に羽のような形をした突起があり、額の突起がとても大きく目が他のここたまよりも細くつり目気味である。
桜井のぞみと「ヒミツのけいやく」をしている。のぞみや四葉こころのことは呼び捨てにしている。
魔法の呪文は「ハートビビット ビビットビート」。

誕生した物はのぞみが持っていたロケットペンダントで、シッポもこのペンダントの形をしている。
頭はかなり良く、契約者がクール(現在は「だった」)なのぞみであるためか、性格が彼女と若干似ている部分もある。
しかし基本的には明るく、こころや彼女と契約しているここたまたちのメンバーとものぞみより早い段階で打ち解けていた。

家はのぞみが制作した、車の形をしたものに住んでいる。のぞみ曰く約1時間で完成させたとのことであり、子供離れしている。
でも自家用の乗り物は車ではなく、紙飛行機に魔法を掛けて飛行可能にした物で、自分だけでなく更にここたま2人を乗せられるほど丈夫である。

他のここたまとの関係

ラキたまたち四葉家ここたまよりも、のぞみと組んで人間の幸せを生み出す活動(2人はハッピーハンターと呼んでいる)を積極的にこなしている。
ハッピースターをたくさん集めるという形で、真剣に「一人前のここたま」になることを目指しており、後の物語ではのぞみに黙ってハンター活動していたほど。
魔法の精度も四葉家ここたまとは一線を画しており、こちらは安定して成功させている(四葉家ここたまの魔法の成功は偶然であることが多い)。
なお四葉家ここたまは一人前になることにあまり急いでいる様子ではなく、キラリスに至っては興味すらないのかはっきりそう語っていた。
第60話以降(「TVアニメ版」参照)は深夜にまでハンター活動していた影響か、第66話では流石に疲れており、昼夜逆転疑惑があるほどだった様子が描かれた(それでも続行しようとしてのぞみを悲しませてしまっている)。

物語が進むにつれてのぞみが明るくなっていくが、色んな表情を見れて嬉しい様子である。
また、のぞみを少しいじったりする場面も出てきている。
ビビット自身も更に明るくなっているのか、ニコリ(人間でいうと乳児のようなここたま)を泣き止ますためとはいえ、変顔したりするようになっている。
四葉家以外のここたまではレンジピンコと仲が良い(なお後にこの2人は桜井家を第2の住居にしている)。

勝手にこころの前からいなくなったラキたまを偶然見つけ、捕まえていたことがある(また別の回ではのぞみと共に四葉家ここたまを救出している)など、のぞみが心を開き始めたあたりからこころや四葉家ここたまの手助けにも事欠かない。
第56話(Aパート)では西園寺宅の庭を疾走(失踪?)していたラキたまを捕まえている(なお本人は最初からこころ達と一緒ではなく、ハンター活動で偶然同じ時に西園寺宅に来ていた)。

第96話では遂に契約者3人の共演が実現し、ビビットもライチと知り合いになった。
この2人だけで絡む事はあまりなかったが、もしもっとあれば姉御化していたかもしれない(ライチのキャラ的に姉弟の関係になりそう)。
ちなみにライチ側には逆に妹的存在の方は後に登場している(実の兄弟ではないが公式の演出が兄妹のような関係にさせている)。

TVアニメ版

初登場は第26話(実質第3クール)からで、のぞみと一緒であった。
のぞみサイドのキャラはサブレギュラーであるため、出番はメインのこころサイドのキャラよりは少ない。
本名が判明したのも第62話と、初登場から何故か半年以上も経過していた
第59話の最後ではのぞみが2度目の転校(この住居も転校である)、つまりこころたちの前からいなくなる可能性を示唆していた。
のぞみより優遇される可能性はあると見られていたが(その理由の1つはこちらはここたまキャラのため)、第76話の最後でのぞみと共に外国(アメリカ)へ引っ越しという形であおぞら町(こころ側の街)から本当にいなくなり、新章後からはのぞみ共々レギュラー格ではなくなった。
更に身内 である ここたま達も付いて行くことになったが、この3人は訳あって一瞬であおぞら町に戻っている。
改変理由は第75話・76話の演出からして、のぞみ登場後からは新章に入るまで大幅な作中での変化がなかかっため、単純に物語の内容を変える時期に来ていたからだと思われる。
新章になってからの最初の登場は第90話で、一時帰国という形で復活しあおぞら町でもハンター活動していた。
ほぼ一晩でアメリカに戻るのかと思いきや、そうではなくこんな場所にまで同行している(夏休み期間が終わるぐらいまでいるのかな?)。
先述の影響はのぞみの願いとも関連があり、1人でハンター活動していたのもこれが理由である。

桜井家が引っ越す直前(74話)には、一気に一人前になれる呪文(禁断魔法)を使っていた。
魔法を発動させるためには、「自分のタマゴに向けて呪文を1000回唱える」というとんでもないものだったが彼女は見事にこなしていた。
でもその精神があるんなら何で他の方法を考えられなかったのか?
魔法は失敗し、かくれたまを粉々に割ってしまった結果、半透明の状態で倒れてしまう。
その後ラキたま達の魔法で無事に目覚めることができたが、今まで集めたハッピースターは禁断魔法の影響なのか全て失っている。
またそのせいで他のここたま達に迷惑を掛けてしまっているが、現実的には出番の少ないここたま(主にゲスト格)にとっては出番をもらえたというメリットもあった。
この騒動により、ビビットも追い込まれると精神的に脆くなる一面があることが判明した(でも批判的な意味で「何故このような演出にした」という声も少なくないようだが)。
劇場版でもたまごパンツも履いたままであるのだが、これは上記の通りTV版で引っ越す前に結局一人前にならなかったからである(実際に映っている部分は第2オープニングの初期PVにて公表されていた)。
彼女が禁断魔法を知る経緯はたませんにんの記事を参照(またこちらも参考に)。

のぞみと共にエンディングのテロップではメロリー以外の「大家さんけいやく」のここたまより先に表示されている場合がある(というより新章前はこの順番が基本になっていた)。
レンタルDVD版など、メロリーより優遇されている商品等もあった(DVDでは7巻以降ラキたまと2人きりになっている)。

余談

魔法BGMが彼女だけ他のここたまとは違うが、サウンドトラックでの曲名が「ビビットの魔法」である事から専用BGMだと思われる。

関連イラスト

ハート・ビビット
ウトウト・ビビット


ビビット
ここたま



関連動画

魔法シーン



関連タグ

ヒミツのここたま ここたま
桜井のぞみ
神様 人外 ロケットペンダント 紙飛行機 変顔 クール

種族紹介枠(「3」にビビット単独の説明あり)

pixivに投稿された作品 pixivで「ビビット(ここたま)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 21638

コメント