ピクシブ百科事典

桜井のぞみ

さくらいのぞみ

桜井のぞみとは、『かみさまみならい ヒミツのここたま』のキャラクター。
目次[非表示]

CV:石原夏織

概要

小学5年生の女の子で、TVアニメで判明した中では2人目のここたま契約者。
契約者キャラのため登場時からレギュラー格だったが、新章(第77話以降)からはこの新契約者にポジションを譲る事になった。
公開がTVアニメ版が新章後である劇場版には登場している(また劇場版には新章後のキャラは登場しない)。

主人公である四葉こころが通う学校に転校し、クラスも同じになる(公式によると普段着は転校前の学生服らしい)。
大人びた雰囲気の美少女で、身長もこころより一回り近く高い(こころより高いひななどより更に上)。
(こころの身長が低めな可能性もあるが)

性格はクールで、真面目で何でもできる反面登場初期にはドライな一面も見せていた(但しドライな面は第62話で半分演技であったことが判明)。
公式ではシャイで気持ちを伝えるのが苦手と書かれている。

初登場回は第26話「もう一人の契約者」。
道端に転げ落ちたラキたまを目撃したが何も起こらなかったためにここたま契約者であることが発覚する。
同じ契約者であるこころやラキたまたちに興味を抱かれてしまい、偶然再会したファストフード店でこころに相席されたことで知り合いになった。
契約相手のここたまはロケットペンダントのかみさま・ビビット

契約する際に願った内容は、長らく秘密にされていたが、第62話でようやく「早く大人になること」だと判明した。
理由は冒険家である父親の勇次郎と一緒にアマゾアナを冒険するため。
たませんにんは契約更新のために家を訪れた際、「難しい願いじゃの」と評している。

この他、ビビットが生まれる以前に別の家に住んでいた頃に誕生した、ピンコレンジが第30話にて居候と言う形で暮している。
ちなみにこの2人の初登場はその前の第29話でのぞみが登場しない回だった。
また、第47話では赤ちゃんの頃使っていたタオルからタオルの神・ニコリが誕生した。
ニコリは赤ちゃんここたまであり、誕生時に名前を聞かれた際契約書をパンツから出したが彼女とも契約していないがのぞみはニコリのママ役となった。
ニコリも居候として桜井家でお世話されている。
過去の女性主人公達は不思議赤ちゃんのママ役だったが、のぞみは女性主人公の作品では初めての主人公ではない不思議赤ちゃんのママ役となった。

のぞみサイドのキャラはサブレギュラーであるため、出番はメインのこころサイドのキャラよりは少ない。

友好関係(主に対こころ)

こころには登場初期から友達になろうと誘いを受けているが、「そういうの興味ないから」とあっさり断ってしまう。
その間に「私は私のやり方でやる」などと言っていたが、特に先述の台詞は心を開くまでののぞみを象徴する台詞と言える。
その時のドライな性格や下記の契約者としての考え方の影響から、こころに対して悪戯に契約していないここたまと同居しているいい加減な子と厳しい評価を下していた。
その後は意見の相違や協力を通じ、第39話では偶然ではあったものの、こころと共に遊園地「あおぞらんど」に行き友情を深めることに成功した。
第40話ではその思い出からここたまたちの遊べる遊園地、ここたまランドを共同制作した。
その回で遂にこころに完全に心を開き、「呼び捨てでいいわよ」と言って名前で呼び合う友達になった(第1話でのこころとラキたまが友達として名前で呼び合うようになる部分と関連が見られる)。
(その前はこちらは「四葉さん」・こころは「のぞみちゃん」だった)

序盤でこころにドライな面を見せていたのは、ビビットと契約した際に後述の目標ができたことで「友達はもういらない」ことを貫いたことによるものだった。
しかし実際は序盤からとても優しく一途な性格だったようで、こころのことも優しさなどの部分は最初から評価していた模様。
先述の性格であるためか、こころと本当の友達になってからはどのキャラにもすっかり丸くなった印象である。
また、ビビット以外とも友達になって良かったと思っている様子。

第43話ではこころの親友であるひなあやかとも友達になった。
だが第59話の最後では2度目の転校(現在の住居も転校である)、つまりこころたちの前からいなくなる可能性を示唆していた。
実際に第76話で当初の転校先とは違うものの、両親(というより父側)の仕事の関係でアメリカ転勤となりこころの街から本当に引っ越した。
ここたま側もビビットだけでなく(一瞬だけだったが)レンジ達まで共にしている。

その後は

引っ越しという設定で、ビビット共々新章(第77話以降)からはレギュラー格ではなくなった。
新章には彼女やビビットに変わるキャラとして、ひかりライチがそれぞれ登場している。
改変理由は第75話・76話の演出からして、のぞみ登場後からは新章に入るまで大幅な作中での変化がなかかっため、単純に物語の内容を変える時期に来ていたからだと思われる(但しひかりの性格は大分違っている)。
新章になってからの最初の登場は第90話で、一時帰国という形で復活しあおぞら町でもハンター活動していた。
再会前にはレンジ達の新しいショップ(移動式である)を制作している。
数日ですぐアメリカに戻るのかと思いきや、そうではなくこころのおばあちゃんがいる離島にまで同行している(実は1年前に行きたがっていたがそれが実現する形になった)。
結果的に夏休み期間中ほぼずっと滞在する事になり、最後には遂に後継者とも対面した。

ハッピーハンター のぞみ&ビビット

「ここたま契約者」としての意欲・意識はとても強い。
ここたまが人間に見つからないように注意を怠らないばかりか、ビビットを早く一人前の神様にしてあげるために、ビビットと一緒にハッピーハンターとしてハッピースター集めにも真剣に取り組んでいる。
目標は「毎日、誰か一人を幸せにすること」
しかも第46話では夏休み全体で「だいたい50くらい」集めたとビビットが言ったため、実際はさらにハイペースだと思われる。

その活動内容は、以下のようなもの。

  1. 悩みを抱えていそうな人を見かけては追跡
  2. 聞き込み調査やビビットによる潜入調査によってターゲット(老若男女問わない)の素性や近況の情報を収集・分析タブレットで情報をまとめている)。
  3. 仕上げにビビットが魔法で悩みを解決する。

追跡するまではともかくとして、中の句にいたってはもはや小学生とは思えない情報収集能力であり、多くの視聴者を戦慄させた。

余談

ビビットとケンカした頃(第66話)には、すっかり本作の色に染まってるのか「フン!」と言う場面もある。
しかし流石この2人、ケンカの理由も大人っぽいものだった。

関連イラスト

新キャラ
ヒミツのここたまのぞみちゃん( ひみつだよっ )


のぞみちゃん
こころだいすきのぞみちゃん



関連タグ

ヒミツのここたま

女の子 女子小学生 ポニーテール 制服 ネクタイ タブレット 転校生

四葉こころ
蝶野ひかり:のぞみと同じくここたま契約者で、彼女と似たポジションの存在。

音城セイラ:中の人繋がりで髪型も同じ、放送時間が前後関係にあたるアニメキャラ。

契約相手

ビビット

関係の深いここたま

レンジ ピンコ ニコリ

pixivに投稿された作品 pixivで「桜井のぞみ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 194634

コメント