ピクシブ百科事典

ピュアオディオ

しんのまおうおでぃお

スクウェア(現・スクウェアエニックス)制作のRPG『LIVE A LIVE』に登場するキャラクター。
目次[非表示]

概要

最終編の主人公をオルステッド以外のキャラクターにした場合、自身がなぜ見覚えのない世界に連れてこられたかを探る事になる。その終着点こそ、魔王オディオだった。

魔王となってこの世界を滅亡させたオルステッドは、それに満足する事なく、人間の所業がもたらす末路を他の時代・他の国々の者へも教えてやらねばならぬと考え、それらの時代で「オディオ」との戦いに勝利した人々を呼び寄せた。
そして、人間など救うに値しない存在であると教えるために抹殺を宣言、襲いかかってくる。

初期状態では核となる「オディオモール」、パーツとなる「オディオアイ」「オディオマウス」として登場するが、オディオモールを残して全て打ち倒すとこのピュアオディオとなり、真の力を発揮してくる。
その中でも「セントアリシア」という技は、アリシアへの無念が込められた、人間としてのオルステッドの意思が多分に込められた皮肉な技であり、同時に大ダメージ+石化という特徴が多くのプレイヤーを苦労させた。
実際、最終編で手に入るエリアルシリーズの防具などはこの技の対策のためのものであり、単なる技にとどまらない意味が込められている事は、『ライブアライブ』をプレイした方々なら御存じの通りであろう。
オディオモールは異常に堅い上、カウンターで自己回復ができるため、特定の技以外をほぼ受け付けない。
一応、モールの状態で倒せばピュアオディオは姿さえ見せる事なく滅ぶのだが……初見でそれに気づく人は稀だろう。

見事ピュアオディオを倒す事ができれば、彼は元の「人間としてのオルステッド」に戻る。
そして、全ての責任をとってトドメを刺されることを望む。トドメを刺すかどうかは、プレイヤーの自由。

しかし、彼——魔王オディオとは、悪の化身や欲望の果てに生まれた存在ではない。
見ての通り、主人公たちとなんら変わらない人間である。その意味を、よく考えてほしい。

そしてこのピュアオディオを倒した際のイベントにデジャヴを感じた方もいるだろう。
そう、オルステッドの人生を大きく狂わせた出来事と全く同じシチュエーションなのである。
少なくとも彼と違う点は、プレイヤーは魔王オディオの正体を中世編で知った上で倒した事にある。
最終編を始める際、プレイヤー諸氏はオルステッドで何をしてきたのかもよく考えてほしい。

魔王オディオの背後にあるもの

ピュアオディオ戦の背景には二つの山とその山間に顔がある。まるで最終編の主人公一行とオディオの戦いを見下ろしているようにも見える。
そもそもあれは何者なのかは全く作中でも触れられていない。少なくともオルステッドを最終編の主人公にした場合ではプレイヤーからは見えない存在である事だけは確かである。

関連タグ

ライブアライブ オルステッド アリシア(ライブアライブ) 魔王オディオ

pixivに投稿された作品 pixivで「ピュアオディオ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1102

コメント