ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

曖昧さ回避

1.NHK連続テレビ小説ひよっこ』やドラマ『姉ちゃんの恋人』などを手がけた岡田惠和のオリジナル作品として2022年1月11日から3月15日までTBS系「火曜ドラマ」枠で放送されたテレビドラマ。清原果耶の民放連続ドラマ初主演作。本項ではこちらを解説


2.の楽曲。


3.Eveの楽曲であり、アニメ『チェンソーマン』12話のEDテーマ。→ファイトソング(Eve)


あらすじ


幼い頃に母を亡くし、児童養護施設「あさひ学園」で育った木皿花枝は、空手の一流選手となり、日本代表を目指す。ところが交通事故に遭い、夢を絶たれる。さらに、事故後の検査で両耳に聴神経腫瘍が見つかり、手術で取り除かなければ命にかかわるが、耳が聞こえなくなる可能性が高いと医者に宣告される。


失意の中で花枝は、芦田春樹というミュージシャンと出会う。花枝は、亡き母との思い出の曲「スタートライン」を心の支えにしている。春樹は「スタートライン」の作者だった。春樹は、「スタートライン」がヒットして以降は鳴かず飛ばずの一発屋で、所属事務所から、2か月以内にいい曲が作れなければ契約を打ち切ると言われていた。


春樹は、『いい曲を書くには、恋の経験が必要ではないか』とマネージャーに言われる。花枝の手術も2か月後。そこで、春樹の曲作りのため、また、花枝にとっては、耳が聞こえなくなるまでの思い出作りのため、2人は、2か月間の「期間限定の恋」を始める。初めは、まるで練習のような形だけの恋だったのが、やがて2人は互いを本気で意識して好意を持つようになる。


登場人物

主人公。児童養護施設「あさひ学園」で育ち、空手の日本代表を目指していたが、交通事故で選手の夢を絶たれ、スポーツ推薦で進学した大学も中退し、無気力な日々を送っている。

交通事故の際の検査で、聴神経腫瘍を患っており、耳が聴こえなくなる可能性があることを医師から告げられている。

その後、ひょんなことから春樹と出会い「耳が聞こえなくなるまでの思い出作り」のために2人で「期間限定の恋」と称して交流するようになる。


ミュージシャン。PARKSではボーカルを務めていた。花枝が試合前に必ず聴いていた勝負曲「スタートライン」の作者だが、これ以降ヒット作を生み出せていない。マネージャーの伊達からはあと2ヶ月で結果を出さなければ契約を打ち切ると宣告される。

恋愛経験が皆無で恋愛偏差値0であったため、『スランプに陥ってるのは人を好きになったことがないから』『いい曲を書くには、恋の経験が必要ではないか』とマネージャーに指摘されてしまう。そのため、曲作りで再起を図るために花枝と「期間限定の恋」と称して交流するようになる。


花枝の幼馴染。ハウスクリーニング店「サンシャイン・クリーニング」を営む。一見チャラ男にしか見えないが、明るく優しい性格。花枝を一途に想い続けている。


その他

春樹が所属する事務所「ファーストプライズ☆エンターテインメント」のマネージャー。春樹の才能をいち早く見出したものの、スランプに陥ってる春樹を見て彼の弱点を指摘し、発破をかけた。


花枝たちが育った「あさひ学園」の近くにある理髪店「BARBER SACCO」の店長。花枝たちが幼い頃から知っており、「あさひ学園」にもよく出入りしている。


「あさひ学園」の施設長。花枝たちをいつも優しく見守っている。

夢破れた花枝を見かねて、彼女を「サンシャイン・クリーニング」のアルバイトとして働かせるなど子供たちが成長してもなお彼らが困った時には支援している。


春樹と一緒にバンド「PARKS」を組んでいたかつての音楽仲間。

料理が得意でよく春樹や弓子にも作るが、その対価としてきちんと金は徴収する。後に春樹のマネージャーに転身。


花枝や慎吾と同じく「あさひ学園」で育った幼馴染。「BARBER SACCO」で働いている。慎吾に想いを寄せるが、慎吾が花枝を一途に想い続けていることも知っている。


関連タグ

TBS

関連記事

親記事

TBS てぃーびーえす

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 82549

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました