ピクシブ百科事典

ブーンブロック

ぶーんぶろっく

ブーンブロックとはロックマンシリーズに数多く登場する仕掛けのブロックである。
目次[非表示]

解説

一定の周期で出現と消滅を繰り返すブロック。足場兼トラップ。パターンを覚えてブロックに乗り移っていく記憶力が試される仕掛けである。
初登場のロックマン1では縦に上って行く構造のエレキマンステージでは乗りそこねると、よくて下段・最悪はスタート地点まで落ちていってしまう事もあるイライラと緊張感が一体化したものであった。
アイスマンステージにもあり、こちらは床にガビョールがウロウロしてる所にブーンブロックが
出たり消えたりしている。まだこの頃は即死との組み合わせには使われていない。

ロックマン2ではヒートマンステージにあるが、最初に遭遇するのはアイスマンステージにあったものとほぼ変わらない部屋と長い通路でザコを掻い潜りながら乗り越えていくものとパターンが複数になっていく。しかしその先がヒートマンステージにおける難関である。

落ちたら奈落の底とマグマがある地帯でブーンブロックに乗り移らないと進めない地帯がある。

判断とタイミングを間違えると即死のまさに某鉄骨綱渡りの様な地獄である。しかも途中に1UPが置いてあるのだが、それを取ろうとそこに降りると・・・ブーンブロックに乗れなくなる。そうなったら手詰まりであり、アイテム2号が無い限りどうしようもなく奈落かマグマに身を投げてリトライするしかない。

「2」以降は幾分かマイルドになっているが、即死トゲとの組み合わせが多くなった。ただし、ロックマン8では出てこない。ただし、アストロマンステージで似た出現と消滅をする足場はある。

名前と別名

由来はおそらく出現時に「ブーン」と鳴るからだと思われる。初代は「プ」と「ブ」が混じった様な音で、ロックマン7では「ボワー」となっており、ロックマン11ではもはや「ブーン」でも「ボワー」でもない音になった。
実はこのブーンブロックは当初は名前が無かったらしい。ロックマンワールドの説明書では「出現ブロック」、ロックマン&フォルテで「ブーンブロック」と呼ばれるようになった。「ブンブロック」と呼ばれる作品もある。

あの作品でも!?

ゼルダの伝説ふしぎの木の実・大地の章のダンジョンの一部にはサイドビュー構造の通路があるのだが、なんとその一部ダンジョンにこの「ブーンブロック」が出てくる。
それもそのはず。このふしぎの木の実はカプコンが製作したものである。

関連リンク

ロックマンシリーズ

pixivに投稿された作品 pixivで「ブーンブロック」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7

コメント