ピクシブ百科事典

ボゴ署長

ちーふぼご

ディズニー映画「ズートピア」に登場する人物。ズートピア警察署(ZPD)の署長。
目次[非表示]

CV:イドリス・エルバ(日本語版:三宅健太
中の人パシフィック・リムの司令官。
ボゴとは、ズールー語でスイギュウの意。

概要

ZPD(ズートピア警察署)署長。眼光が鋭く、907kgもの巨体を誇るスイギュウ

仕事へのプライドも高く、事件の捜査は、自分のようなタフな動物にしかこなせないと思い込んでいる石頭。小さなウサギで、しかも新米警察官のジュディにははなから期待しておらず、捜査に参加したがる彼女を持て余す。

「何がしたいか」ではなく、「何が出来るか」を重視していて、ジュディなど旺盛な部下からしたら不満を覚えるかもしれない。
ただし、彼は決してでは悪気があってしているのでない。
適材適所」を彼は重んじている節があるが、これも管理職の大事な仕事である(というか、これが出来る上司は理想)。

これは、仕事の生産性&部下の能力とメンタルの保険にもなり、警官の関係者への配慮を含め、様々な意味で利点がある。ましてや危険を伴う職務なので、部下の安全面と威嚇性を考えると大型動物を雇うのは当然であり、彼が仮にそう限定しなくても周りがそうするだろう(現実でもそうである)。小型の動物が万が一危険になっても、その気になればより大型の一般動物ですら捕縛が可能であるが、逆の場合はそうはいかないのである。
この辺は向き不向きに関係なく無理に職務を遂行させる事の多い日本の企業とは対照的である。

過去に何かあったのかは不明だが、長年の経験で「世界の姿」を知ったらしい。

堅物一辺倒にも思えるボゴだが、そんな彼でも茶目っ気があり、独特のセンスで場を盛り上げる。また、趣味が合うと立場を越えて友達になるようだ。特に、ガゼルの事となるとキャラが崩壊する。なお、意外にも思えるがライオンハート市長を内心では恐れているらしい(市長の性格も関係している)。

終盤における「キツネ初の警察官だ(と世間は騒いでいる)が、それはどうでもいい」という言葉は地味に名セリフ。

関連イラスト

CHIEF BOGO
【ズートピア】ボゴ署長の練習と、妄想【妄想注意】


ズートピア
ズートピアで意外と好きなキャラ



関連タグ

主要:ズートピア/ディズニー/ディズニー映画
関連キャラクター:ベンジャミン・クロウハウザー/ジュディ・ホップス
表記ゆれ:ボゴ
関連属性:/ケモノ/オスケモ/警察官

pixivに投稿された作品 pixivで「ボゴ署長」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 601618

コメント