ピクシブ百科事典

ドーン・ベルウェザー副市長

どーんべるうぇざーふくしちょう

ディズニー映画「ズートピア」に登場する人物。
目次[非表示]

CV:ジェニー・スレイト(日本語版:竹内順子

概要

ズートピアの副市長を務めるヒツジ。
ただし副市長とは名ばかりで、扱いはライオンハートの秘書同然。いつもこき使われているため落ち着く暇もなく、肩身の狭い思いをしている。
ジュディを小さな動物の誇りと考え、何かと気遣う。

ネタバレ注意


















































今作のヴィランズで、一連の事件の元凶。
ニックとジュディは証拠として夜の遠吠えの球根を使った毒薬とピストルを手に入れ、証拠をZPDに持って行こうとした時、ベルウェザーが2人の前に立ち塞がる。

Zootopia


実は彼女は肉食動物(特に大型の、さらにその中でもライオンハート)への恨みを募らせており、肉食動物をズートピアから排除するため、ヒツジのダグと共に肉食動物を凶暴化させ、世間が肉食動物に対して恐怖を抱くよう仕向けていた。
逃げ場を失った2人を見てベルウェザーは自ら毒薬の入ったピストルでニックを撃ち、発見者を装ってZPDに通報。ジュディは凶暴化したニックに首を噛まれて死んでしまう………と思いきや、ジュディは生きており、ニックは凶暴化していなかった。
ピストルの中に入っていたのは毒薬ではなく、ジュディが実家から持ってきたブルーベリーだったのだ。ニックの凶暴化とジュディの死んだふりの演技に騙されたベルウェザーは現行犯逮捕。
やがて毒薬の解毒法も分かり、凶暴化した肉食動物は全て元に戻った。

ライオンハートが彼女を軽んじて酷い扱いをしてきたのが元凶であり、彼には天罰というか復讐が一応は成された。ただし、身内からの評判がよろしくなくても政治家としてはベターな部類だった。また、ベルウェザーが他の一般動物を巻き込んだのもやり過ぎだった。
なお、映画では描かれなかったが、ライオンハートは後に釈放されている。ただし市長職は失ったので、痛み分けに完結した。

彼女もディズニー映画では珍しく最初はヴィランズと分かりにくいキャラであり、アナと雪の女王のヴィランズだったハンスもその一人だった。一部の視聴者はダグが登場した時に彼女が悪役と察した人もいるようだが、ハンスと同じく最初から最後まで善人と信じてしまった人も少なくはないはず。

いずれにしろ、彼女の行動は弱者側のヘイトクライムという、ディズニーでは珍しい例。

関連イラスト

ベルウェザー
ベルウェザー副市長にトライ・エブリシングしたい


戴冠式のドレスを着てみたわ♪
ベルウェザー



関連タグ

主要:ズートピア / ディズニー / ディズニー映画
関連キャラクター:レオドア・ライオンハート市長 / ジュディ・ホップス
表記ゆれ:ドーン・ベルウェザー / ベルウェザー
関連属性:ヒツジ / ケモノ / 副市長 / 秘書
哀しき悪役・・・彼女がこうなった原因を見れば、ある意味こう言えなくもない。

pixivに投稿された作品 pixivで「ドーン・ベルウェザー副市長」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 802

コメント