ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

効果

ボルメテウス・武者・ドラゴン「武偉」
VIC 火文明 コスト4
クリーチャー:アーマード・ドラゴン/アーマード・サムライ パワー6000
侍流ジェネレート(このクリーチャーが出た時、自分の手札にあるクロスギアを1枚、コストを支払わずにジェネレートしてもよい)
W・ブレイカー
このクリーチャーが出た時または攻撃する時、自分のシールドを1つブレイクしてもよい。そうしたら、相手のパワー6000以下のクリーチャーを1体選び、破壊する。

概要

『大感謝祭 ビクトリーBEST』にて登場した新規サムライの1枚で、ボルメテウス・武者・ドラゴンのリメイク版。


新戦術であるサムライ・メクレイドに対応したコスト4であり、竜牙リュウジン・ドスファングから展開可能。

素で召喚しやすいコスト帯でありながらWブレイカー持ちと、今ではそう珍しく無いものの、かなりスペックが高い1枚。


侍流ジェネレートで手札からクロスギアをタダで出せる上に、リュウジン・ドスファングなら即座にクロスできる為、メクレイドによる大量展開を狙える。

素出しで使えば次のターンには5マナに到達するので、バジュラズ・ソウルをクロスする事も可能。

至宝オール・イエスを使うのもありか。


そしてリメイク前よりも強化された破壊効果。

シールドをコストとして墓地送りにしていたのが、普通にブレイクに変わった為、手札補充やトリガーの暴発戦術が狙える様になった。

とこしえの超人を焼けるので、序盤での使い勝手は非常に良い。


アーマード・ドラゴンなので、アーマード・メクレイドを中心とした、ボルシャック・アークゼオス覇炎竜ボルシャック・ライダーを採用したデッキにも投入でき、火文明中心の構築で暴発戦術をついでで狙えるのは地味に強い。


『ボルメテウス・武者・ドラゴン』の名称をそのまま保持しているので、各種サポートカードはそのまま流用でき、ほぼ完全上位互換と言える性能なので、現在ではこちらが優先されるだろう。


ただし、コストがブレイクになった関係で、シンカゲリュウ・柳生・ドラゴンのブレイク数増加が自分に襲い掛かる事になる。

この辺りは、武者・ドラゴンの攻撃時にシールドを補充できるムシャ・ルピアの効果でカバーするか、速攻寄りの最速ビートダウン狙いであえて無視するか、どちらかを優先するかで動きが大きく変わる。


ボルシャック・大和・ドラゴンの置換効果も問題なく使え、『置換効果は連続しない』ルールから、ディスペクターの様な耐性効果を無視して12000以下を破壊できる。


背景ストーリー

仙界一の天才ミロクが開いたレース、第一回『デュエル・マスターズ』に参戦したボルメテウス・武者・ドラゴン。

本人か、それとも名前を継承した個体かは不明。


サイキック・クロスギアを扱う為、クロスギアが収納されているパンドラ・スペースに触れた事で覚醒したらしく、その後戦術の天才マロクから伝授された命駆強襲(メクレイド)を活用し、リュウジン・ドスファングから次々に仲間を集結させて戦う姿から、「武偉」の称号を与えられた。


関連タグ

アーマード・サムライ

サムライ(デュエル・マスターズ)

アーマード・ドラゴン

ボルメテウス・武者・ドラゴン

関連記事

親記事

アーマード・サムライ あーまーどさむらい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 640

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました