2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

マスラダ・カイ

ますらだかい

マスラダ・カイとは『ニンジャスレイヤー』第4部の主人公にして新世代のニンジャスレイヤーである。
目次[非表示]

マスラダ・カイ

◆警告◆この記事はネタバレ回避のため第三部「不滅のニンジャソウル」編を読了した後に読むことを推奨な。◆重点◆



















◆忍◆ ニンジャ名鑑#0001 【ニンジャスレイヤー】 ◆殺◆
謎のニンジャ「サツガイ」の手で幼馴染アユミと共に殺されたマスラダ・カイは、邪悪なニンジャソウル「ナラク・ニンジャ」の憑依によって蘇り、ニンジャスレイヤーとなった。悔恨と憎悪を力に変え、サツガイへの復讐を開始する。

「サツガイという男を知っているか?」

概要

アマクダリ・セクト崩壊から10年後、再びネオサイタマに出現した新たなニンジャスレイヤー、それがマスラダ・カイである。
ナラク・ニンジャのディセンションによって新たなるニンジャスレイヤーとなり、幼馴染であり自身の思い人でもあるアユミを殺したとされる謎のニンジャ存在「サツガイ」を探している。

孤児院で育った天涯孤独の身で、ニンジャとなる前はネオサイタマで個展を開くほどのワザマエを持った若きオリガミ・アーティストであり、その道を捨てた今でもその創造的なセンスは衰えていない。

彼がどのようにしてニンジャスレイヤーとなったかは意図的に経緯がぼかされており、多くの謎を秘めた人物である。
黒髪の短髪だが、その頭を頭巾で覆わない人相剥き出しなニンジャ装束も特徴的。一応パーカー的なフードはついており、これをかぶる時はある。

ある日偶然助ける事になったタキという情報屋を(半ば強引に)協力者として、彼の経営するピザ屋の「ピザ・タキ」を拠点とするようになった。
タキはハッカーであるがナンシー・リーとは異なりヘタレな二流に過ぎない。またコトブキというオイランロイドも協力者となったが、流石にニンジャ相手の戦力には不足する。

人間としてもニンジャとしてもまだまだ未熟であり、彼の成長が第四部のストーリーにおいて重要なポイントにも成っている。 駆け出しの新生ニンジャスレイヤーと仲間たちは、どんなイクサを繰り広げていくのだろうか。

人物

年若い青年であり、「天然なクソ真面目」とも言うべき先代フジキドに対し、「淡白な効率厨」とも言うべき性格の持ち主。天涯孤独の生まれもあってか、根っからのアウトロー気質であり、侠客めいた生き方を己に課している。

言葉も行動にも一切の大義名分や面白味を持たせず、子供のワガママ上等と言わんばかりに自分のしたい事だけをストレートに伝え、関心のないものは常に「どうでもいい」の一言で切って捨てる、あまりにもシンプルな在り方を貫いている。

これは全ニンジャを憎悪と復讐の対象と見なしていた先代と異なり、彼が復讐心と憎悪を向けているのはサツガイただ一人と言う点が大きく、敵対する大半のニンジャを単なる「目的達成に邪魔な障害物」としか見ていない為。
とはいえ、罪無きモータルを苦しめるニンジャの暴虐には怒りを顕にする。

徹底的にニンジャの心をへし折るポエットなバトウも全く使わない。「Wasshoi!」や「ニンジャ、殺すべし」の口上もナラクの影響で言わされている感が強く、使用頻度はかなり低い。(然し、強敵との戦闘等、敵ニンジャに抱いた殺意が強ければ強いほど「ニンジャ、殺すべし」の口上の使用頻度が増える)
その代わりだいたいわかったという台詞を多用しており、主に彼が勝利を確信した時に言う事から、彼なりの決め台詞だと思われる。

善悪の狭間で苦悩していたフジキドと違って、マスラダはあまり葛藤を抱えない性分であり、世間への影響を意に介さず良いも悪いも自分で決めるタイプの人間である。
この点はナラクと相性が良かったようで、己がニンジャスレイヤーになったことにも深くは悩まなかった。
むしろ、想い人を亡くして自分だけが生き残ってしまった方に後悔と苦悩を抱えている。加えて初期は謎の自罰意識に苛まれており、死に場所を求めるが如き自暴自棄な面も目立っていた。

フジキドが「己の在り方」を探し求めていたニンジャスレイヤーであったのに対し、マスラダは「己の生きる意味」を探し続けるニンジャスレイヤーであるとも言えよう。

この様にぶっきらぼうで荒れてはいるが、無関係のモータルを見捨てようと考えても結局は助けたりと、面倒見のよい善良な性質を感じさせる行動も多い。
当初は打算や成り行きの関係に過ぎなかったタキやコトブキに対しても、話を追うごとにお互い気のおけない仲間と見るようになり、彼の新たな居場所となっていった。

ジツ・カラテ

基本的な能力は先代と一緒だが、マスラダのカラテは若さもあってか、より力任せで豪快なものである。

ナラク由来のカラテとジツを振るうが、アーティストならではの独創的なセンスで先代でも成し得なかった力を振るうこともしばしば。対戦相手のカラテを瞬時に学習して模倣したり、ナラクの力をチャドー呼吸を真似た我流の呼吸法でパワーアップさせるなど、戦闘センスもすばぬけて高い。

時折、先代のイクサの記憶がフィードバックする事があり、これにより危機的状況を脱したり、新たな技を習得したりした事がある。

だが、この感覚だけで何とかしてしまう天才性に上記の性格も加わって、理屈や鍛錬、戦術計画などを無駄なものと軽視しやりたがらない悪癖があり、何度かこれが原因で窮地に陥っている。
具体的には、敵がどれだけの数や力量であろうと、レベル上げも一切せず真正面からの力押し、というスタンスを頑なに変えようとしない。

そのたびにフジキドやコトブキなどの周囲の存在が、強情な彼が折れざるを得ない状況に持っていく事で、根本的な部分を成長させる機会を作っている。

またフジキドと違ってマスラダはナラク・ニンジャに対して恐れが無いため、むしろ積極的に彼の力を使っている傾向がある。フジキドの影響で多少は丸くなったものの、悪霊であるナラクに身を任せてしまっているということでもあるため、見ようによっては相当に危なっかしいことをしていると言えよう。

道具・装備

  • 炎のフックロープ

先代が使っていた便利なアイテムであるドウグ社製フックロープを、ナラクが模して作ったもの。装備でありジツであるともいえる。
普段は右手のブレーサーに巻き付けているが、左手側でも即座に生成することができ、二本使いで敵ニンジャを撃破する事も。

  • シグルーン
カタナ社の技術の粋が集められた一点物のインテリジェント・モーターサイクル。
元はシーズン2に登場したニンジャ・ザルニーツァが使用していたが、彼女とのイクサの末にマスラダたちの手に渡り、以後コトブキと二人で共用する愛機となる。
シーズン3での旅路のさなかに(特にAI部分に)色々と手が加えられている。

  • ヌンチャク・オブ・デストラクション
シーズン2にてサツバツナイトより継承される。
ナラクの力を注ぎこむことで使用可能になるが、両端から超自然の炎が吹き出したり、果ては両腕に取り込んでカラテを増幅させるなど、先代とは異なる異形めいた使い方をしている。

関連タグ

ニンジャスレイヤー





















◆以下、第4部シーズン2終盤以降のネタバレ重点◆





















ディセンションの真実(ネタバレ注意)

彼がニンジャとなった(ナラクが憑依した)経緯が意図的にぼかされているのはボンモーが読者に対して施した仕掛けではなく、実はナラクがマスラダに対して施した仕掛け。
「その過去」は直視すればショックでマスラダの精神が崩壊する可能性が極めて高かったため、ナラクが意図してきっかけとなる記憶をぼかし、それに触れようとした時は敵に怒りを向けさせ、真実に蓋をしていたのである。

後に周囲の助けとマスラダ自身の成長と覚悟によって「その過去」と向き合う事となる。

アユミのまたの名は「カノープス」。その力を用いてカネを稼ぎ、自分達の居場所を守るフリーランスのニンジャであった。
サツガイ顕現の気配を嗅ぎつけマスラダの個展を襲撃したニンジャを難なく撃退したまでは良かったが、サツガイはその場に顕現。マスラダを殺し、残ったアユミに制御困難なジツを押し付け、生ける爆弾へと変えてしまう。
ナラクの憑依によってニンジャスレイヤーとして蘇ったマスラダは、ジツが暴発する前に死ぬ事を懇願するアユミの望みに従って、彼自身の手でアユミをカイシャクしたのである。

サツガイを倒したシーズン3以降での彼は、無茶の代償で失ったナラクの力を取り戻す事を考えながらも、過去の真実を受け止めた上で、アユミがネオサイタマで為したかった事と向き合っていく。

関連記事

親記事

エイジ・オブ・マッポーカリプス えいじおぶまっぽーかりぷす

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 29021

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました