ピクシブ百科事典

マスラダ・カイ

ますらだかい

マスラダ・カイとは『ニンジャスレイヤー』第4部の主人公にして新世代のニンジャスレイヤーである。
目次[非表示]

マスラダ・カイ

◆警告◆この記事はネタバレ回避のため第三部「不滅のニンジャソウル」編を読了した後に読むことを推奨な。◆重点◆



















◆忍◆ ニンジャ名鑑#0001 【ニンジャスレイヤー】 ◆殺◆
謎のニンジャ「サツガイ」の手で幼馴染アユミと共に殺されたマスラダ・カイは、邪悪なニンジャソウル「ナラク・ニンジャ」の憑依によって蘇り、ニンジャスレイヤーとなった。悔恨と憎悪を力に変え、サツガイへの復讐を開始する。

「サツガイという男を知っているか?」

概要

アマクダリ・セクト崩壊から10年後に再びネオサイタマに出現した新たなニンジャスレイヤー、それがマスラダ・カイである。
ナラク・ニンジャのディセンションによって新たなるニンジャスレイヤーとなり、幼馴染であり自身の思い人でもあるアユミを殺したとされる謎のニンジャ存在、サツガイを探している。
ニンジャとなる前はネオサイタマで個展を開くほどのワザマエを持った若きオリガミ・アーティストであり、ニンジャに成った今でもその創造的なセンスは衰えていない。孤児院で育った天涯孤独の身である。

年若い青年であり、思い人を奪われたためか自暴自棄な面が目立つ不安定な人物。人間としてもニンジャとしてもまだまだ未熟であり、彼の成長が第四部のストーリーにおいて重要なポイントにも成っている。
ぶっきらぼうで荒れてはいるが、根っこは面倒見の良い優しいお兄さんである。ただし歴代ニンジャスレイヤーの例に漏れず、邪悪なニンジャを容赦なく殺してしまえる残忍さを内包している。
但し彼が復讐心と憎悪を向けているのはサツガイただ一人。ダークニンジャという直接の仇はいたものの、全ニンジャを復讐の対象と見なしていた先代との違いである。

彼がどのようにしてニンジャスレイヤーとなったかは意図的に経緯がぼかされており、多くの謎を秘めた人物である。

先代と同じくWasshoi!「ニンジャ、殺すべし」の決め台詞を使うが、最初の方では殆ど使っておらず、先代と比べると使用頻度も低い。
その代わりだいたいわかったという台詞を多用しており、主に彼が勝利を確信した時に言う事から、彼なりの決め台詞だと思われる。

ジツ・カラテ

基本的な能力は先代と一緒だが、マスラダのカラテは若さもあってか、より力任せで豪快なものである。ナラク由来のカラテとジツを振るうが、アーティストならではの独創的なセンスで先代でも成し得なかった力を振るうこともしばしば。対戦相手のカラテを瞬時に学習して模倣したり、ナラクの力をチャドー呼吸を真似た我流の呼吸法でパワーアップさせるなど、戦闘センスもすばぬけて高い。
時折、先代のイクサの記憶がフィードバックする事があり、これにより危機的状況を脱したり、新たな技を習得したりした事がある。
先代であるフジキド・ケンジと違ってマスラダはナラク・ニンジャに対して恐れが無いため、むしろ積極的にナラクの力を使っている傾向がある。
これはナラクという悪霊に身を任せてしまっているということでもあるため、見ようによっては相当に危なっかしいことをしていると言えよう。

関連タグ

ニンジャスレイヤー

pixivに投稿された作品 pixivで「マスラダ・カイ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1004

コメント