ピクシブ百科事典

マダム銀子

まだむぎんこ

マダム銀子とは、『真・女神転生デビルサマナー』及び『デビルサマナー ソウルハッカーズ』のキャラクター。
目次[非表示]

概要

CV:杉田智和
マダム銀子とは、『ソウルハッカーズ』のキャラクター。

葛葉一族の目付け役。
デビルサマナーにおいては黒い髪に胡乱な目をした女性で、狐の姿をあしらった紺の着物を身に着けている
普段は平崎市の矢来銀座にあるクラブ・クレティシャスのママを務めている。
普段はと言うがマダムに会えるのは新月の時のみであり、それ以外の時にどこで何をしてるのかは一切不明。
作中においては怨霊オルゴンゴーストに占拠された東亜テレビの開放を依頼してくるだけで別段特別な役割という程ではなかった。

続編となるソウルハッカーズにおいては葛葉一族の目付という設定が強調され、レイ・レイホゥと共に不穏な事件が起きる天海市に調査に訪れていた。
この時にはメイン画像にあるような金髪に黒いスーツに白いコートを羽織った、前作とは全く違う姿である。
どうもクラブのママの時は黒髪着物で、余所行きの時はこの装いになるらしい。
レイの紹介でファントムソサエティと敵対する立場となった主人公]と出会い、主人公にかつてのキョウジと同じ可能性を見出すと無銘の刀を授けた。
裏設定上では、かつて管使いだった。
メディアミックス作品等において葛葉キョウジ肉親となっている事もある。
見た目は……というかソウルハッカーズのミニゲームでも女性として扱われていたため、当初は女性として設定されていたはずなのだが、攻略本においてイラストレーターの金子氏が
「男。しかもすっごいじじいですよ……と僕は思ってるけど、ホントのところはわかんない(笑)」
とコメントした事から性別不詳、あるいは男であると扱われるようになり、後の書籍でも男と書かれるようになった。

そして2012年にリメイク版が発売された際、彼女を担当した声優が、冒頭にもある通り杉田智和
そう、杉田智和である。
クールで大人な女性から発せられる、杉田智和のオカマボイスのインパクトは凄まじく、多くのユーザーの腹筋がもっていかれた。
また、葛葉ライドウの担当声優も同じく杉田智和であるため、一部ではライドウの後身ではないかとまことしやかにささやかれている。


関連イラスト

マダム銀子
マダム銀子



関連タグ

マダム 葛葉キョウジ 葛葉ライドウ

pixivに投稿された作品 pixivで「マダム銀子」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1861

コメント