ピクシブ百科事典

マック(ロックマン)

ゆくえふめいになっていたまっく

マック(Mac)とはカプコンから発売されているゲーム・ロックマンX3に登場するレプリロイドである。
目次[非表示]

テキスト会話のみであるため担当声優は無し。

きみは ゆくえふめいになっていた マックじゃないか!

概要

イレギュラーハンター第17部の隊員で、時期は不明だが長らく行方不明になっていた模様。
どうやら裏でドップラー博士の計画に賛同していたらしく、ドップラー軍団によるイレギュラーハンター司令部襲撃に参加していた。本部でエックスと再開した際は、エックスの会話に耳を貸さないまま不意打ちによる拘束弾で彼を捕獲、そして指令室と思われるエリアへと幽閉した。
その後は、エックスを救助しに来たゼロと無言のまま戦闘になるも、あっさりと倒される。

ファンからの扱い

ロックマンX3において、OPステージのみに登場するサブキャラクターなのだが、冒頭に登場する敵キャラクターだけあってそれなりに知名度が高い。

「きみは ゆくえふめいになっていた マックじゃないか!」という、エックス直々の紹介イベントがあるため、下手をすると他の8ボスよりも名前が知れ渡っている(切羽詰まっている状況なのに妙に解説的な口調がたびたびネタにされる)。

大して強くもなく、戦闘BGMも鳴らず、ゼロにチャージショット数発で倒されるだけの中ボス以下の役回りであるが、あのエックスを速攻で行動不能にする能力は、一目置かれるべきであると一部のファンから太鼓判を押されている。

ニコニコ動画などでは、彼の登場シーンに差し掛かると「きみは ゆくえふめいになっていた マックじゃないか!」と大人数でコメントする事が通例となっており、ロックマンX3においてお祭り的な人気者になっている。
そのネタぶりが公式にも認知されたのか、ロックマンXover(現サービス終了)でこれをネタにしたイベントが開催された。

岩本佳浩氏の漫画版ではドップラーの身辺警護の任に就いているレプリロイドという設定。当初は正常なレプリロイドだったようで、ドップラーのすぐケインと張り合おうとする子供っぽい所に呆れたり、彼がイレギュラーとしての本性を表した際に奔った過激な言動に困惑、驚愕したりと、至って普通の反応を見せており、イレギュラー化はあくまでその後でドップラーから受けた洗脳によるものであることが示唆されている。
ドップラーの反乱勃発時に現場に駆けつけたエックスを騙し討ちにして捕らえ、彼を爆弾付きの枷に拘束し、後からやってきたゼロをそれの起爆装置をチラつかせて脅迫するが、既に剣を抜いていたゼロに自分の気づかぬ間に切り裂かれており、そのまま真っ二つになって破壊された。

戦闘スタイル

基本は小ジャンプと大ジャンプを織り交ぜながら距離を詰める戦法。
ホーミング性能のある小弾をジャンプしながら3発放射する攻撃と、こちらに銃口を向けた後、エックスを拘束した大型の玉、あるいは小弾を7発連射する攻撃を行う。

特殊な改造により強化されたマック(改変/非公式)


関連イラスト

マック
行方不明のレプリロイド


正義の味方
主役は俺だ!



関連タグ

ロックマンX ゼロ エックス
シグマの部下:マックと同じくチョイ役ながらカルト的な人気があるキャラクター。

関連記事

親記事

Dr.ドップラー どくたーどっぷらー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「マック(ロックマン)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2858

コメント