ピクシブ百科事典

マッハマッシヴ

まっはまっしぶ

マッハマッシヴとは『メダロッターりんたろう!』に登場したKWG型メダロット。
目次[非表示]

概要

漫画『メダロッターりんたろう!』にて、りんたろうとは別の学校(後に花園学園だと判明)に通学する海馬竜の愛機。
作中でロクショウタイプと言われたことから、りんたろうのカンタロスと同様、KWG型ヘッドシザースの改良機と思われる。

海馬の二つ名『マッハの貴公子』の通り、驚異的なスピードを持ち、海馬の的確な指示もあってかりんたろうとカンタロスの最大のライバルと言える。
必殺技は右手のソードで素早く敵に高速の連続突きを繰り出し、『マッハ』の刻印を刻み込む『サウザンズクリンカー』。
その威力は凄まじく、空母の艦橋に刻印を刻み込んだ上で吹っ飛ばすという荒業を成し遂げたほど。

???「やっぱりメダロットは兵器なんじゃないかブー」

マッハマッシヴ


りんたろうとの決勝では、僚機からパーツ交換し、両腕をソードにしてダブルサウザンズクリンカーを繰り出した
更に、漫画版メダロットRでアクシデントでキーホルダーまみれになった時には、サウザンズクリンカーを繰り出してキーホルダーを弾丸のごとく飛ばして攻撃した

終盤のブロッソメイル戦では、宇宙メダロッターMとして現れた海馬と共に、ゾーリンに鞍替えして駆けつけた。
……重量型のゾーリンでは自慢のスピードが活かせないとか言ってはならない。たぶんチューンアップしたものだろう……たぶん。

このように、漫画では無類の強さを誇るのだがマスターの海馬共々、他の媒体の出番がないという悲しすぎる扱いを受けていた。
鮫島刃助ですらドギーと共にアニメに出れたにも拘わらずである。

一応、メダロット4にてカリンが拐われてコウジが飛び出した後、海馬と共に現れてコクエン隊を撃退したようで、イベント後に花園学園を訪れるとその時の話を聞ける。どうやら各地を回ってコクエン隊の侵略を阻止している模様。
しかし、会話で出る程度であり、本編には残念ながら登場しない。

そして、メダロットNaviにて漸く登場することができた……りんたろうが使用する機体として
海馬は泣いていい。

一応、似た人物が登場し、ソニックスタッグを使っている。

性能

『KWG00ヘッドシザース』の
後期生産モデルである
タイプ2015に
高機動チューンを施した機体。

音速超過の戦闘機動に
並のメダロットでは
触れる事すらできない。

  • 頭部 マッハアンテナ
まもる行動 索敵

  • 右腕 マッハソード
なぐる行動 ソード

  • 左腕 マッハハンマー
がむしゃら行動 ハンマー

  • 脚部 マッハタタッカー
二脚

他の媒体での登場

メダロット8のDLCシナリオにて、カンタロスとロールスターと共に登場(そこ、ロールスターをハイウェイスターとして出したら完璧だったのにとか言わない!)。
美術館の展示品として輸送されるはずがロボロボ団によってメダルがすり替えられ、輸送していたターメリックを襲う事でまんまと奪うことに成功した……と思われたが、タイサンがメダロッチを落とすという大ポカをやらかし、はぐれてしまう。そのメダロッチをソルト達に拾われてしまい、犯行がバレてしまう。

vs6体の勝ち抜きロボトルである上に、手に入れられるパーツは最後に倒した3体から3つだけなので、欲しいメダロットは倒さずに残すのがベストなのだが、共闘する仲間のメダロットに指示が出せない上に、装甲値が低いメダロットを優先して狙うため、欲しいメダロットを先に倒されないように誘導する必要がある。

なお、高速機動が売りのはずなのだが、実際にはドークスの方が早かったりする
しかし、性能はロクショウに近いので使いやすく、装甲も少し高い。
右腕のマッハソードは威力や成功が少し劣るものの、がむしゃら攻撃ができる(おそらくサウザンズクリンカーを意識しての仕様だと思われる)。
また、脚部特性として『ブレイクネック』を持ち、充填と行動中に起動性能が+10される。

メダロット9ではいつの間に通信で配信されるメダロット一式セットの一部として登場する。
さらに、パスワードで左右反転したマッハマッシヴRも登場し、これにより漫画版で行った両腕マッハソード状態を再現する事もできる。

関連タグ

メダロット KWG型
ロクショウ ゾーリン

関連記事

親記事

KWG型 けーだぶるじーがた

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「マッハマッシヴ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1314

コメント