ピクシブ百科事典

シアンドッグ

しあんどっぐ

シアンドッグとは、『メダロット』シリーズに登場するメダロット、およびキャラクターである。
目次[非表示]

概要

容姿と特徴

がモチーフの青いメダロット。形式番号はDOG-00。
犬がモチーフなのだが、洗練されたシャープなデザインをしており新型のメダロットが販売されていても根強い人気を持っている。
装備は扱いやすいライフル系の武器で纏められており、序盤~終盤まで活躍できるほどの能力を秘めている。

各パーツと各々の機能

頭部パーツリニアカノンライフル弾を発射し相手メダロットに攻撃
右腕パーツスナイプライフルライフル弾を発射し相手メダロットに攻撃
左腕パーツアサルトライフルライフル弾を発射し相手メダロットに攻撃
脚部パーツジュウザー推進システム。装備すると人型のグラフィックになる


各作品でのシアンドッグ

ゲーム版

初代メダロット

我らワルガキメダロット!


初代メダロットにて悪ガキ三人組の一人、ヤンマが愛用するメダロットとして登場。イエロータートルはクボタ、マゼンタキャットはイセキが使用する。
ゲーム版メダロットにおいて一番最初に戦う記念すべき相手である。
左腕パーツの威力が高いため、カブトVer.ではメタビーのサブマシンガンの代わりになることも。

メダロットR

大会やメダリンクに登場するハスケが使用。

メダロット4

カメヤマ小男子メダロット部の鮫島刃助が使用する。残念ながらマゼンタキャット、イエロータートルは今作には登場しない。
後継機のパープルカーラーに負けない性能を誇り、特に両腕の成功値は勝っている。

メダロットNavi

4同様、エンディング後にゲストとして登場するハスケが使用。
デザインは後述の漫画「メダロッターりんたろう!」などのいわゆる藤岡版である。

メダロット弐CORE

アニメ版の影響を受けてかイワノイが使用する。

メダロット8

ダウンロードコンテンツの追加イベント③にて入手できるメダロットとしてスミロドナッドウォーバニット、ニオーヘイコーと共に登場。
これらの他にガンノウズサンジューロともロボトルできるが、DLCのパーツではないためすれちがい通信でも入手できる。

メダロット9

メダロット研究部のショウヘイが使用するメダロットとして登場。

漫画版

メダロット

シアンドッグ_筆画


ゲーム版同様ヤンマが使用し、ゲーム版同様ヒカルのメタビーの最初の相手。左腕を機能停止していたイエロータートル(相棒のカメロボくん)の物に換装し、つくりかけのメタビーを苦しめる。
終盤、頭部パーツ「リニアカノン」のギミックが披露されているが、このギミックは後のメダロット7でブルースドッグに受け継がれ、メダロット8以降のシアンドッグにも再現されている。

メダロット2

イワノイが使用、名前はバルト、頭部のマークはアニメ、ゲームの稲妻とは違うものになっている。
キクヒメのペッパーキャット、カガミヤマのキースタートルと共に、イッキのメタビー、アリカブラスと互いの4パーツ全部(シアンドッグ一式とメタルビートル一式)をかけてロボトルをした。
このロボトルに勝利したイッキとメタビーはこのシアンドッグを使うようになるが「元のパーツが一番いい」と元のメタルビートルに戻している。

メダロッターりんたろう!・メダロットR

戌年メダロット


男子メダロット部部長『鮫島刃助』の相棒「ドギー」として登場。頭部にはパーソナルマークである「ダルダルマーク」が描かれている。メダロッター甲子園で幾多のメダロッターとの戦いを潜り抜けるが、Xメダルで起動したブラックメイルに取り込まれてしまった。
その後、敵として刃助の前に立ちはだかるが、彼の必死の説得により無事、主の元へ帰還した。

余談だが、漫画版メダロットガールズミッションに登場する鶴来一子のブルースドッグも「ドギー」という名前である。

アニメ版

メダロット

イワノイとシアンドッグ


イワノイの相棒として登場。射撃パーツと相性が悪いサルメダルであったために戦績が悪く、一時期はロボトルランキング最下位になってしまったほど敗戦回数が多い。一方で、メダロット博士やロッカーズの菊千代が使用した際にはいずれも見違える動きを見せているため、メダルとパーツの相性以上にメダロッターであるイワノイにも原因がある。
アニメに登場するメダロットで最弱と言っても過言ではないが、その弱さを克服するための話がいくつか用意されているなど、実は優遇されている。
30話にてボディが大破したため、後継機のブルースドッグに換装する。

ちなみにハスケとドギーも少しだけ登場した。

プラモデル

コトブキヤよりメダロット・プラキットシリーズ第5弾として発売。
他のプラキット同様、他のメダロットとパーツを換装して遊べるほか、メダル(アニメ版の設定を反映してサルメダル)やライフルエフェクト、射出できる弾丸や台詞などが付属している。
ランナー単位の色分け及びタンポ印刷により未塗装でもほぼ設定通りの色分けになるが、両腕の黄色いラインと両足の穴のみは塗装が必要となる。
ちなみに2020年4月現在、同シリーズのラインナップにおいてKBTでもKWGでもない唯一の機体である。

関連イラスト

メダロットのシアンドッグとイワノイ。
われらスクリューズ!!



関連タグ

メダロット
ブルースドッグ……『メダロット2』に登場したDOG型メダロットの後継機。
ヒルシュケーファ……『メダロット8』から登場する全身ライフルのKWG型

関連記事

親記事

DOG型 でぃーおーじーがた

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「シアンドッグ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 31501

コメント