ピクシブ百科事典

マーメイド界

まーめいどかい

花森ぴんく・横手美智子による漫画『ぴちぴちピッチ』に登場する台詞、および作品の舞台の1つ。
目次[非表示]

概要

作品の舞台の1つであり、主人公・七海るちあたちマーメイドプリンセスの住処である七つの海そのものを指している。

「マーメイド界」という用語は、単行本1巻第1話で、るちあとの初対面時に早々に仲良くなった宝生波音から堂本海斗とくっつけられようとしてショッピングに行った際、ビキニを薦められたるちあが「こーゆーのマーメイドすがたでなれてるけどっ(マーメイド界はおんなばっかり)」という台詞から。

マーメイドプリンセスを統べる存在、アクア・レジーナを筆頭に、お目付け役であるヒッポや、占い師であるタキなど、人魚以外の住人も存在する。

備考

海の中の世界であるため、人間との接触は皆無だが、人間界との繋がりは全くないわけではなく、何かしらの手法で人間界の情報や技術を取り入れていることが分かる(もっとも、少女漫画の世界なので、細かい設定は「見ればわかる」程度に割愛されているのだと思うが……)。マーメイドが人間界に赴くときは、何かしらの手法で金銭的支援(日本円)や学校に入学するときの手続きに必要な戸籍謄本なども触れられていなくても、読者・視聴者は深く読み込めば大体想像がつくであろう……。

マーメイドプリンセスたちの敵であるガクト(ガイト)たち水妖が住む「ガクト(ガイト)城」にも、人間界から取り入れられたものであることを示唆する大量の書物が存在しており、ガクトがワイン(のようなもの)を嗜むことから「どこから仕入れたんだ?」という疑問は劇中でガクトが人間界に姿を現すことからも、定期的に人間の姿で何かしらの手法で入手した日本円を使用して仕入れている可能性もあるだろう(むろん、そんな細かい設定はあっても割愛されているだろう)。

住人


関連タグ

ぴちぴちピッチ

関連記事

親記事

ぴちぴちピッチ ぴちぴちぴっち

子記事

兄弟記事

コメント