ピクシブ百科事典

目次[非表示]

BASTARD!!-暗黒の破壊神-」に登場する天使
「罪と罰編」にて初登場。

概要

最高位の天使である四大織天使(セラフ)の一角にして大天使長。「火」の力を司る。
推定Lvは約40万前後と織天使最高の実力を持つ天使軍団の最高指揮官。
炎の神剣「レーヴァティン」を持つ。
前天使長であったルシフェルを敬愛している。
天使らしく正義感に溢れているが、些か直情的な径行があるとベルゼバブに指摘されている。

容姿

長い金髪に碧眼、褐色肌にセクシーな体格の美しい女性。
背中には織天使固有の六枚の翼を持つ。
作中では3種類の鎧姿を見せているが、いずれもハイレグで尻が丸出しだったりと、この作品のキャラにありがちな露出度の高いデザイン。

16巻~17巻

4大熾天使(セラフ)



19巻~20巻

センシティブな作品



22巻~26巻

ミカエル



21巻が抜けている理由は後述。

本編中での動向


罪と罰編

破壊神アンスラサクスによって封印されたD・Sを復活させようとアビゲイルらが手を尽くす中、人類すべてを滅ぼすため下級天使たちと共に地上に降り立った。
罪と罰編が中断したため、この時点ではこれといった活躍はしなかった。

背徳の掟編

絶対地獄「コキュートス」に封印された天使の究極体「光体」を開放するため、他の織天使たちと共に地上に降り立ち、罠を張って待ち構えていた魔神コンロンと交戦する。
本来、コンロンの推定Lvは13000程度と織天使にとって相手にもならないはずだったが、コンロンは人間が生み出した天使の力を無効化する技術「無効共鳴」を会得していたため攻撃が全く通用しなかった。
そんな中、織天使の一人ウリエルは悪魔王ベルゼバブの策略に嵌められ堕天(フォールダウン)し、放置すれば天にとって巨大な災いになると判断したミカエルは、完全な魔王と化す前に地獄諸共ウリエルを消し去るため究極の技『ゴッド・ハード』を放つが、やはり無効共鳴によって阻まれた上、コンロンの一撃を受け敗北。
大技の反動で力を使い果たし、ダメージによるものか翼も失ったことで行動不能となり意識を失った。
だが、この技によって生じた炎の力はD・Sに吸収され、コンロンとの戦いで失った肉体を再構成して復活を果たした。

その後意識を取り戻すのだが、ゴッド・ハード発動時に鎧を解除し全裸になっていたため、D・Sに目を付けられ好き放題弄ばれる羽目に。
まぁ好色魔人のD・Sにしてみれば、目の前に身動きの取れない裸の女がいるのに襲わない方が不自然というものだろう。(他のD・Sにエロい事をされた女性陣同様に以後若干ではあるがD・Sに対するミカエルの態度が軟化しているのである意味成功している…?)

その具体的な流れはというと、背後からの巨乳の生乳揉みに始まり、M字開脚させられて股間を舐められ、全身を愛撫された末にいよいよ挿入…されたと思しき描写があるものの、ガブリエルがD・Sを抑えつけたためギリギリで本番は阻止され、ミカエルは股間を隠しながら悲鳴を上げる。

だが当然ながらそれで諦めるD・Sではなく、ガブリエルを振り払った彼に再び大股開きにさせられ、聖なる肉棒を粘膜に直で挿入されそうになるが、再びガブリエルが割って入ったことでやはり本番は阻止。
それでもD・Sは諦めずに三度襲い掛ってきたため、ミカエルは慌てて股間を守ろうと手で覆った直後、咄嗟に肉棒をキャッチしてしまい、それだけで絶頂したD・Sの精液を顔に浴びせられ、全身に力が入らなくなるほど感じてしまう…というもの。

力を失ったことで精神的にも弱くなっていたのか、それまでの凛とした態度を一変させ、何の抵抗もできないままその肢体をあますことなくD・Sに蹂躙され、ごく普通の女性口調になり涙目で喘ぐミカエルは非常に可愛いと読者に絶賛された。

何が問題かというと、ウルトラジャンプとかならばまあ有り得ない流れではないのだが、あろうことか週刊ジャンプに掲載されていた時期に上記の内容をやらかしたのである。
さすがに顔射については「無数に飛び出す小人D・S」とぼかした表現にされており、表記上は「汗」ということにされてはいるのだが…(ちなみにD・Sは精液内の精子量を任意に変えられる裏設定持ちである。小人D・Sが精子のメタだとすると…孕ませる気満々だった?)

この様子を間近で見ていたラファエルは絶句、水晶玉越しに見ていたベルゼバブは凝視していたがリリスに「よい子は見ないのよ」と目隠しされ、リリスは「これが顔射ってヤツね…」と顔をひきつらせ(擬音も「ビュルビュル」「ドクドク」などとえらいことになっていた)、自分の演説を無視されたコンロンは憤慨、「下劣で下品な虫ども」と称され(ミカエルは全面的に被害者なのだが…)レーヴァティンを投げつけられるが、D・Sが阻んだことでことなきを得る。

その後はガブリエルにかばわれながらD・Sがコンロンや堕天したウリエルと戦う様を見届け、ウリエルが倒されたころにようやく力が回復したようで鎧を再構築し復活した。

背徳の掟編・最終節

ベルゼバブによって暗黒体を解き放たれ復活したウリエルと竜戦士と化したD・Sとの戦いには、最強の天使である彼女にすら入り込む余地がなく傍観者となった。
最終的にD・Sがウリエルとアムラエルを救ってくれたためか、この頃にはD・Sへの敵対心もだいぶ緩和されており、「少しは休むんだな」と労う言葉をかけた。…一部のファンからは上記の件もあって「調教完了」などと称されることも有るが。

熾焔鳥(ロイヤール・ハント)

巨大な炎の鳥と化して突撃する技。
罪と罰編ではルシフェルの幻影を見て中断したため不発に終わり、コンロンに対して使用した際は無効共鳴によって打ち消されたため威力のほどは不明。
元ネタはプログレッシブ・メタルバンド「ロイヤル・ハント」。

ビクトリー・ザ・レインボーライジング

神霊力を乗せて放つ強烈なアッパー。これといった解説が無いため詳細は不明。名前の通り、放った際は背景に虹が描かれていた。
コンロンに対して放ち、見かけ上は効いているかに思われたが実際は無効共鳴により無力化されていた。
元ネタはロックバンド「レインボー」の2ndアルバム。

ゴッド・ハード

『「火」力最大顕現』または『火炎剣最大顕現』と称されるミカエル究極の技。
神剣レーヴァティンの力を解放して巨大な火竜と化し、突撃する。
上でも触れたが、この技を発動する際にはアーマーパージ的な意味合いなのか、鎧を解除し全裸になる。
ラファエルも見るのは初めてだったらしく、超新星に匹敵する威力を持つとのことだが、コンロンの無効共鳴により無効化され、無防備になったところに彼の放った強烈な右ストレート「マキシマム・ストラト・ヴァリウス」を食らい敗北する。
元ネタは「勇者ライディーン」の必殺技の一つ「ゴッド・バード」及びスイスのハードロックバンド「ゴッドハード」。

余談

コミックス19巻に収録されている「贄編 第0話」にて、「熾堂見神」という名の彼女によく似た女子高生が登場している。
名前に織天使や神に纏わる名前が入っていることから何らかの関係があると思われるが、詳細は不明。

関連タグ

BASTARD!!(バスタード) ミカエル(BASTARD!!)(表記ゆれ) 織天使
天使 巨乳(爆乳)

関連記事

親記事

BASTARD!! ばすたーど

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ミカエル(バスタード)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 66637

コメント