ピクシブ百科事典

メデューサ(ソウルイーター)

めでゅーさ

メデューサとは、『ソウルイーター』の登場人物。本名、メデューサ・ゴーゴン。
目次[非表示]

タグ登録では『メデューサ』が多い。


概要

ソウルイーターに登場する魔女であり、物語の重要人物。
アニメでの声優は桑島法子

性格は冷酷で、目的のためには手段を問わない。また、自らの目で見た物しか真実にできないリアリストでもある。

鬼神を復活させて世界に狂気を満たすことが目的であり、そのために自分の子供のクロナや他の魔女も利用している。
科学者としての一面もあり、クロナに自ら作り出した黒血を投与した張本人でもある。

普段は魔女であることを隠して死武専の保健医をしているが、その目的は黒血を利用して死武専の地下にいる鬼神を復活させることであり、調査と作戦を実行するために潜伏していた。
結果として作戦は成功して鬼神が復活するものの、メデューサはシュタインスピリットのペアにとどめを刺される。しかし、肉体が消滅するその瞬間に自ら魂をバラバラにし、鬼神の狂気で跳ね上がった魔力を利用して、蛇の中で魂を再構成することで一命を取り留める。

さらにレイチェルという少女の身体を乗っ取ることで、ロリ化した姿で復活。

ベクトルアロー?


そして後述のババヤガーの城作戦でアラクネが討たれた後は、隙を見て脱け殻と化したアラクネの身体を乗っ取り、大人の姿(黒髪になっているものの)で完全復活を果たす。

↑→



非常に計算高く、ババヤガーの城作戦で死神と取引を行い、死武専の力を借りて、己の目的の障害となる姉のアラクネをまんまと討つことに成功。さらに、ロスト島における死武専とアラクノフォビアの対決を裏で操り、本物の「BREW」を手に入れる事にも成功する。

その後、クロナを黒血の実験のため死武専東ヨーロッパ支部へ派遣し、デスサイズの一人を殺害させることに成功するが、彼(彼女?)の帰還後に「大好きよ」という心にもない優しい言葉をかけたことが仇となり、逆上したクロナに一方的に滅多切りにされ殺害されてしまった。ただしこれには「クロナの精神の唯一の拠り所である自分をクロナに殺させることで黒血を完成させる」ためにわざと煽らせて死んだという異説もある(実際、実の母親を殺したことで完全に心が壊れてしまったクロナを見て、死に際に彼女は黒血の完成を悟り心から歓喜していた)。

マカにとっては因縁の相手ではあるが、劇中でクロナに殺される最後の最後までただの一度として彼女と対峙することはなかった(大幅に路線変更があったアニメ版では原作で描かれなかったマカとの直接対決が実現しており、彼女の「退魔の波長」によって魂をレイチェルの肉体から強制的に引き剥がされることで彼女に倒されている)。

外見

魔女として行動する時は、上下が繋がった黒い服を着ており、蛇を模したフードを被っていることが多い。
保険医時は白衣を纏っており、下もタイトスカートをはいている。
髪の長さはブロンズ色で長め。前に下げている髪を捻る形で巻いて束ねている(作者曰く「髪型は保険医の時は右巻きで魔女の時は左巻き」とのこと。ただし魔女としての初登場時は右巻きだった)。
腕には蛇のタトゥーがあるが、この蛇は生きているかのように遠隔操作で動いたり攻撃したりできる。

主な使用魔法・能力

作中では彼女が扱う蛇は矢印として表現されている。
その為か主な使用魔法は矢印を使った攻撃で、これによる遠距離攻撃と近接しての格闘を組み合わせて戦う(例:ベクトルプレート+格闘攻撃)ため、魔女の中ではスペックが高い。
使用率が高い魔法には、黒い矢印を刃にして広範囲を攻撃するベクトルアローや、上に乗った人または物を矢印の向きへ吹き飛ばすベクトルプレートなどがある。
攻撃以外にも強化魔法(例:ベクトルブースト)や演算魔法を使うほか、蛇に変身することも出来る。
体内に1000匹の蛇を飼っており、相手の身体に潜入させることができる。
また、魔女の正体を隠すための上級魔法であるソウルプロテクトも使うことができる。
呪文で使う詠唱は「ネークスネーク コブラコブブラ」。

関連イラスト

蛇の人
メデューサさま&パシリ


メデュー様
メデューサ



関連タグ

ソウルイーター 魔女 
クロナ アラクネ エルカ=フロッグ
メデューサ(曖昧さ回避)

関連記事

親記事

ソウルイーター そうるいーたー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「メデューサ(ソウルイーター)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 119316

コメント