ピクシブ百科事典

リビ

たいようおう

漫画『それでも世界は美しい』の登場人物。
目次[非表示]

概要

CV:島﨑信長(幼少期は工藤晴香

 椎名橙漫画作品、およびそれを題材としたTVアニメそれでも世界は美しい』の登場人物。物語世界の「大陸」を支配する「太陽の国」の君主にして、主人公ニケ・ルメルシエ
 本名はリヴィウス・オルヴィヌス・イフリキア。通称は「リヴィウス1世」と表記するのだが、ニケやバルドなどの身近な人物は愛称としてこう呼ぶため、タグも大半が「リビ」となっている。
 黒髪(アニメ版では若干青色)に黒目であどけない顔立ちであり、女装がとんでもなく似合う。ミラ&ニア曰く「美少年」。

来歴

 年齢は11歳だが、即位してわずか3年で大陸全土を支配し事実上の世界征服を成し遂げた
 母親は少数民族出身の身分の低い女性であり、彼女が暗殺されてからは「世界を倒し、従属させる」ために行動を開始。腐敗した政治体制を打破し、反対する諸国を圧倒的な武力で撃滅し、慢性的な水不足に悩む太陽の国で大規模なインフラ設備を増築するなどの大鉈を振るった。小学校に通うくらいの年齢で。
 世界を手中におさめた後は鎖国国家である「雨の国」に興味を示し、その王女を「自治を認めてやるからによこせ」と難題を吹っ掛け、第4王女のニケを娶る。元来は万年不足の太陽の国にを降らせるためのお天気ボックス係として呼んだにすぎなかったワケだが、彼女との交流を深めていくうちに次第に閉ざしていたを開くこととなる。
 ちなみに10巻で12歳の誕生日を迎えた。

人物像

 「くそマセガキ」「アイツはいったい何歳なんだ」などとニケが語っている通り、11歳とはとても思えないほど大人びている。言葉使いも荒々しく傲慢な印象を受けるが、為政者としての腕前はかなりのもの。
 母親を失ってからは物を物質的にしか見れないような一面を見せていたが、ニケとの邂逅により次第に年相応の少年らしい……訂正、多少大人びてはいるが人間臭い一面を見せることも多くなった。
 子供とは思えないほど色気のある受け答えを行うのも特徴的であり、殊にニケに関してはそれが顕著。本人曰く「俺は他人を玩具にするのは構わんが、玩具にされるのは大嫌いなんだよ!」とのこと(ニケは「サイテーだな…」と答えている)。性欲に関しても年相応にはある様子。

 何気に運動神経が良く、大人と真正面からチャンバラして白星を治めたこともある。繰り返して言うが、11歳で化け物である。

関連項目

それセカ 王様 チート 天才児 ショタ おねショタ 
ショタおね リビニケ

pixivに投稿された作品 pixivで「リビ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 113782

コメント