ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

CV:白石涼子(NEXONアプリ版〜)
演:大谷映美里(=LOVE舞台版)

かつて大量に生息していたが、乱獲により絶滅した渡り鳥リョコウバトフレンズ

客室乗務員を思わせる赤い制服とリボンを身に付け、頭には深い青の帽子を被っている。
脚にはふくらはぎ部分が青くなっている白タイツと黒のヒールを履いている。
また、絶滅種のフレンズ共通の特徴として目にはハイライトがない。

リョコウバトさん


=LOVE舞台版では帽子が黒くなってパーク印の飾りが付く、首のリボンが青くなってタイツのふくらはぎ部分が赤くなるなど細かいデザイン変更が加わった他、パークの印が入った黄緑色のキャリーケースを持っている。

NEXONアプリ版

アテンションプリ~ズ。
ハト目ハト科の渡り鳥、リョコウバトでございま~す。
私、体力には自信がありまして、数日間飛び続けることもできるんです。
その数日間で見た様々な湖の景色……今も心のアルバムに残っています。

言動の節々に旅行を連想させるワードが飛び出てくる旅行好きで、ガイドさんのような礼儀正しい話し方をする。
旅は知識を得るだけでなく実際にその身をもって体感する生の迫力や未知との遭遇、そして突然のハプニングですら醍醐味であるという考えの持ち主で、何より仲間と一緒に旅をする事で感動を分かち合うのを重要視している。

レアリティ☆3のクール属性。
攻撃タイプは近距離型。
グループは無所属。
スキルは20秒間、味方全体の攻撃速度を15%上昇させる「スマートフォローフェザー」。

2期アニメ版

10話に登場。容姿は=LOVE舞台版のデザインが採用されている。
NEXON版同様の旅行好きで、パークのあらゆる場所を旅している。
頭の中に地図とコンパスがあると豪語する程に土地勘にも優れている。

劇中ではジャパリホテルに向かっている所をキュルル達と出会い、そのまま一緒にホテルへ向かう事に(この際、「飛んで運べるのは一人だけ」という事でキュルルを運んでいくが、残ったキャリーケースをカラカルが運ぶというお約束めいた流れで彼女一人が苦労する羽目になった)。

ホテルに着いた後はおみやけ屋に自分の姿のぬいぐるみがなかった(しかしサーバルカラカルレッサーパンダジャイアントパンダハブのぬいぐるみはあり、このシーンは絶滅種を暗喩するものとされる)事に肩を落としていた所、キュルルのスケッチブックに興味を示す。一人旅に寂しさを感じていた彼女からのお願いもあり、キュルルは「一人旅をしていても寂しくないように」とこれまでに出会ったフレンズを描いた絵を渡す(よく見るとアムールトラの姿も描かれている)。
そのお礼として旅の話を聞かせる事を提案した彼女に、キュルルはヒトがいた所に行った事がないか訪ねる。しかし、パーク中を旅して回った彼女ですらヒトの姿を見た事はなかった。

最終話ではホテル内にフレンズ型セルリアンが大量発生する中、自分と同じ姿のセルリアンを見つけて仲間の事を思い出し、無意味かつ危険な行為だと分かりつつもセルリアンに寄り添おうとする場面がある(直後に襲われるが、キュルルに庇われて事なきを得ている)。
これまでの公式シリーズにおいて絶滅種のフレンズのバックストーリーに重苦しい内容が見られる事はあったが(分かりやすい例としてトキニホンカワウソなど)、ここまで明確に絶滅種故のシリアスかつ悲壮感ある表現が用いられたのはシリーズ全体を通して見てもかなり珍しい。

コミカライズ版

15話で初登場。本作では旅行者でなく、「広い地形を記憶できる」という特技を生かして、ホテルの案内係を担っている。ホテルで開催されるPPPサポートメンバーのオーディションに参加するフレンズの道案内を請け負っており、「パークの危機」を聞いてホテルに向かうキュルル達と出会った(役回りから、キャリーケースの代わりに、案内用のプラカードを持っており、キュルルを抱えて飛ぶのではなく、トラクターに乗った一行に”同行”という形となった)。

いつの間にか一人取り残されてしまったが、「沢山のフレンズに囲まれていると昔に戻れた気がして満たされる」という彼女に、キュルルはこれまで出会ったフレンズ達を一緒に描いた集合絵を手渡す(この時、絶滅種である彼女の瞳に、一瞬ハイライトが戻る描写がある)。
その直後、巨大セルリアンの襲撃で海に投げ出されたキュルルを助けるため、抱きかかえたまま海に突入。ホテルの海中部分のガラス窓に”バードストライク”して、キュルルを空気のあるホテル内部に導いた。
無茶をしたためしばらく意識を失っていたが、PPPのライブが開かれるタイミングで回復。明確には描かれていないが、ラストでも再び海に投げ出されたキュルルを救うため、上空から探していたらしい。
コミカライズ版で活躍が増えたフレンズの一人である。

=LOVE舞台版

本作でもパーク中を飛び回っている旅行好きで、一ヶ所に留まるという事は滅多にない。
一方で帰巣本能がやたら強く、突如として自分の住処に一直線に帰ってしまう事もしばしば。
劇中ではニホンオオカミが「お芝居」に出会い下手な歌声を変えるきっかけを与えたりと何気に重要な役割を果たしているが、ふとした拍子に本能の赴くままに家に帰ってしまい仲間達との約束をすっぽかしてしまうなど、トラブルメーカーとしての一面も併せ持つ。

ブシモアプリ版

2019年4月から観察可能になった。
他媒体同様に旅好きな性格だが、2期アニメ版で見られたノスタルジックな雰囲気も垣間見られる。

珍しい行動は「ここへ行きましょう!」。「くるくる回る地図」で披露する。
地球儀の周りをゆっくり飛び回った後、勢いよく回転させて片手でピタリと止める。
この時、地球儀を止めた時の手の位置をよく見ると、かつて生息していた北アメリカの辺りに手を置いているのが分かる。

セガゲーム版

アプリ版

旅行好きな性格はNEXON時代から変わらず、ホッカイチホーでオーロラを眺めたり、ゴコクチホーでパークスタッフからうどんを振る舞ってもらったりと、パークを股にかけた大旅行を続けている故に経験豊富。

ゲーム内では「祭りだ!屋台だ!アテンション!しょうたい」開催中に実装されたしょうたいより登場。
初期けも級は☆4。属性はファニー。

とくせい忘れ物はございませんか?ぼんやりうっかり耐性(高)増加+自身のたいりょく80%以下時、味方全体の与ダメージ6%増加+40%以下時、追加で9%増加
キセキとくせいアテンションプリーズ!与ダメージ15%増加+ギブアップ中ではない味方が5人の場合、毎ターン味方全体のたいりょく2%回復
たいきスキル羽休めといたしましょう♪2ターン味方全体の与ダメージ16%増加
とくいわざ豪快☆フルスイング敵単体に120%のダメージ
けものミラクル残しましょう!旅の思い出味方全体のたいりょく回復&2ターンファニー属性の味方の与ダメージ増加

アーケード版

現時点でユニット実装されておらず、スキルカードにも姿は確認されていない。

コラボレーション

テイルズウィーバー

本人は直接登場していないが、彼女が持ち歩いているスーツケースがアーティファクトとして入手できた。

関連タグ

けものフレンズ ハト(けものフレンズ)
絶滅種(けものフレンズ)
渡り鳥 リョコウバト
リョコウバトさんにチェックイン

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「リョコウバト(けものフレンズ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1184791

コメント