ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

人物

主人公アルビノ美青年。第1話時点では18歳。
特殊属性『蟲』の魔法の使い手であるBランク冒険者。転生者であり、前世は本人曰く「そこそこ」の企業で働く30代の男性。合理的な性格で職務には真面目だが、冷酷非情な報復主義者なので周囲から怖れられている。いい意味でも悪い意味でも他人に余計な事を一切せず、「やられたらやり返す」という事に強い拘りを持っている。慎重な性格で親しい相手以外には常に警戒している(特にギルドの人間と同じ冒険者)。種族や血縁よりも心の繋がりを大事にするタイプであり、自分が魔法で生み出した蟲達を他人よりも大事にしている。基本的に人間関係を個人間の付き合いに特化しており、リスペクトしている人間の身内でも特別扱いは決してしない。純粋な優しさや誠意には応えるが、それを赤の他人に無償で与える事は決してしない(馬鹿に付け入る隙を与えない為)。むしろ、モラルが低く身勝手な異世界の人間を嫌っており、彼らが自分を害する行為をすれば容赦無く始末している。同じ理由で女性関係を無警戒に広げる事もせず、外見よりも中身(能力と人柄)を優先しているが、それを周りに理解されていない。基本的に一度、戦った相手を信用せず、何らかの理由で生かす事はしない。不真面目で自己を律する能力が無いダメ人間に対して共感する気持ちも自分に都合良く物事を解釈しようとする世間知らずに対する寛容さも持ち合わせず、彼らの背景を考慮し、理解しようとする姿勢が一切無い排他的で潔癖症な一面を持っている。某悪の帝王を尊敬している。

特殊属性『蟲』

蟲型のモンスターを生み出したり、蟲が持っている特性を術者に付加したりする事が出来る魔法。魔法で生み出された蟲はレイア同様にアルビノであり、蟲達には自我を存在している。蟲達の言葉はレイアにしか理解出来ない。

備考

元々は作者が書いていた二次創作に登場するオリ主である。フルネームは違うが、レイアは共通である。その頃から人外好きで人間には辛辣な性格だった。「やられたらやり返す」という事に強い拘りを持っている事も共通している。

関連イラスト

愛すべき『蟲』と迷宮での日常2
愛すべき『蟲』と迷宮での日常



関連タグ

愛すべき『蟲』と迷宮での日常 蟲使い サイコパス 潔癖症

ティファニア…オリ主時代の
ギーシュ…オリ主時代のほぼ唯一に近い人間の友達。
ネフェルピトー…オリ主時代の片想いの相手。
ミルキ=ゾルディック…オリ主時代の相棒
アンリエッタ・ド・トリステイン…オリ主時代の不倶戴天宿敵。多分、ミーティシアといった世間知らずのモデルになったキャラクター。
大木玲夜…名前と好きな人の特徴が似ている。レイアの場合は第一印象は悪かったが、人格と能力を知る事で好きになった。
焼き土下座謝罪の究極形。口だけの謝罪は無意味であり、痛みを伴う謝罪のみが意味を持つという思想が具現化された存在であり、同時に他者を蔑んで傷付ける事の罪深さの象徴でもある。オリ主時代に行った事がある。レイアは一度、敵と見做した相手はこれくらいしないと認めたりはしない。

関連記事

親記事

愛すべき『蟲』と迷宮での日常 あいすべきむしとめいきゅうでのにちじょう

pixivに投稿された作品 pixivで「レイア・アーネスト・ヴォルドー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1081

コメント