ピクシブ百科事典

レディーM

れでぃーえむ

『星雲仮面マシンマン』に登場する悪役。

演:湖条千秋

概要

犯罪組織「オクトパス」の首領で、世界中の犯罪者にその名を知られる美女。プロフェッサーKの姪である。 
鉄人モンスが敗れた傷心でスペインへ去ったKに代わり、日本での活動を開始。部下のトンチンカンや、友人の怪盗・犯罪者らに宝石や美術品を盗ませていたが、Kと同じ子供アレルギーが発病。子供の笑顔を見ると鼻の頭が赤くなってしまう症状に悩まされるようになったため、Kと同じく子供をいじめて泣き声を上げさせることに熱中するようになる。

Kと比べると度々お忍びで外出することが多く、時には自ら犯行を行う前に下見をしたり、自ら子供をおびき出すイベントのビラを配ったり、ドレス姿や水着姿も披露した。

部下のトンチンカンとのコミカルなやりとりと子供をいじめる作戦に熱中する様から情けないイメージが目立つが、「世界中の犯罪組織に学んだ犯罪の才媛」は伊達ではない。
厳重なセキュリティを有す博物館を下見してその厳重さを見抜く技量もあり、特に怪盗・黒猫が来日した際に所有している書物から日本に隠れた財宝の強奪を命じたり、ソンゴクウ(サル男)がマシンマンを瓢箪に閉じ込めた際には即座にトンチンカンに抹殺を指示して、マシンマン(及び閉じ込められた人間)をあと一歩の所で爆殺するまでに追い込んでいる。
最終決戦の際には、フラメンコを踊りながら赤いシャツと黒いパンタロンの戦闘コスチュームに変身して自らマシンマンと戦い、互角に渡り合った。

最期はプロフェッサーKと共々物質分解装置で消滅する。

概要

星雲仮面マシンマン プロフェッサーK オクトパス

コメント