ピクシブ百科事典

プロフェッサーK

ぷろふぇっさーけー

『星雲仮面マシンマン』に登場したマッドサイエンティスト。(メイン画像奥側の人)
目次[非表示]

概要

演:天本英世

星雲仮面マシンマン』に登場したマッドサイエンティストであり、犯罪組織「テンタクル」の首領。
犯罪組織の首領でありながら「世界征服などという俗な事」には興味がなく、本人のアレルギー症状(花粉症のようにくしゃみが止まらなくなる)の元となっている子供をいじめる事に卓越した科学力と財力、組織力をつぎ込む色々と困ったおじいちゃん。しかも子供をいじめるために開発する装置や薬品などの開発品そのものが、もし世のため人のためであったとすれば偉人として称えられるような凄まじい物を作り出すのであるから、もはや才能の無駄遣いそのものである。
しかし乳児に対してはどういう訳かアレルギー症状も出ず、いじめる対象外の様である。そのため、乳児に対しては孫であるかの様にあやしたり、おむつを替えてやるなど優しいおじいちゃんそのものな面もある。
とは言え、クシャミが止まらなくなるウィルスの効果を「他人に移せば治る」仕組みにして敢えて子供含む人間の不信をあおる、子供の組み立てた部品を使ったミサイルで東京を火の海にする事を愉しんで行おうとするなどの悪辣さも兼ねそろえており、「テンタクルのドン」に相応しい純然たる悪人である事は確か。

そんな性格からか自分の正体が世に知られる事を嫌っており、前述の乳児をあやしてる姿を真紀に見つかってしまい週刊誌に乗りそうになった際には部下を使い証拠を隠滅している。
(その際に拉致した真紀はマシンマンに助けられたが)
そのため、マシンマン自身も「頭のいい人物がトップにいる」事を察したまでも、終盤までその存在も正体も知らなかった。

幹部である鉄人モンスやアンドロイド兵士たちをかなり可愛がっておりMは彼らが倒された際には大いに悲しんでいた程。
勿論「世界征服」を却下された鉄人モンスも常にKの事を案じており、他のアンドロイド兵士もKを慕っておりメカ中心の組織でありながら強い絆で結ばれていた。

普段は高層ビルの一角に構えた本拠地で油絵を描くという長閑な生活を送っており、また途中(17話)部下の鉄人モンスを失い、戦いに疲れたためスペイン()へと旅に出ている。

スペイン到着後は酒場らしい場所に立ち寄っており、トンチンカン、そして舞台でフラメンコを踊るレディMと会うシーンがある。
オクトパス結成後もMの誕生日プレゼントに贈った新型のアンドロイド兵士を初めとして、須スペインで作ったと思われる様々な発明品を贈ってオクトパスの作戦を支援したり、終盤では鉄人モンスの3倍のパワーを誇る最強怪人ゴールデンモンスを引っ提げて日本に帰還。
この事からマシンマンへの復讐は忘れていなかった事が覗える。

最後は「自然に帰るとしよう」と遺し、姪のレディーM(演:湖条千秋)とともに物質分解装置で自ら消滅した。

スーパーヒーロー作戦ダイタルの野望でのK
なんとプロフェッサーKは死神博士と同一人物と言う役者ネタが現実の展開として使われている。
本作でのテンタクルは死神博士がダークロボットの研究と子供いじめの趣味を両立させた個人運営の組織で、死神博士はショッカーでの活動の合間にこれを行っている模様。
「わしの大好きなスペイン料理を食いに行くのだ」などと戦闘員に理由をつけて外出。
プロフェッサーKの姿に着替えた後テンタクルのアジトのマンションに移動して悪事を行うと言う内容だった。
外出する際の死神博士と戦闘員のやりとりは必見である。


・・・プロフェッサーK役の天本氏が毎年行っているスペイン旅行と日程が重なっていた事が理由。作中では戦いに疲れて小旅行に出た設定となっている。

投稿イラストの傾向

pixiv内では『星雲仮面マシンマン』のプロフェッサーKのイラストはなぜか執筆時点
(2013/09/21)では1件、追筆時(2013/09/24)でも2件しかない。

関連タグ

星雲仮面マシンマン マッドサイエンティスト 才能の無駄遣い
天本英世・・・演じた役者
死神博士(同じく天本氏が演じた悪役でスーパーヒーロー大作戦で中の人ネタを披露している)
バンドーラ(同じように子供嫌いな悪役)

pixivに投稿された作品 pixivで「プロフェッサーK」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 316774

コメント