ピクシブ百科事典

レムオン

れむおん

RPG「ジルオール」の登場人物。PS版は一時加入のみで最後は必ず闇に落ちてしまうが、PS2版以降では仲間にでき、女主人公限定のエンディングも追加された。

概要

ゲーム「ジルオール」の登場人物。女性プレイヤーの人気を圧倒的に集めているキャラである。

ロストール王家の分家リューガ家当主で現在のエリエナイ公。フルネームはレムオン・リューガ。20歳。
冷たく陰のある、美形の優男。そのシャープな容姿と明哲な頭脳から、「冷血の貴公子」の異名を持つ。
また、実は自らの出生にある秘密を抱えている。
王位継承権も持っておりティアナアトレイアに次ぎ第三位。
現王妃エリスを嫌って対立しており、反エリス派の筆頭として暗躍している。
王女ティアナとは幼馴染で、報われぬと知りつつも密かに彼女を想い続けている。
考古学者のエストは腹違いの弟でもある。

「黄金色に輝く畑」スタートか街道で発生するイベントで、とある事情で主人公を弟(妹)に仕立て上げ、ノーブル伯に就任させる。最初は、主人公に「ただ利用しているだけ」と冷たい態度をとったり、威圧的に接するが、やがて親密度を上げていくと、軽いジョークを飛ばすなど主人公に対して軟化していく。
プライドの高い皮肉屋だが、実は主人公を信頼し甘えており、名セリフ「お前に見放されたら、俺は…」に落ちたプレイヤーも多いとか。

ゲームの終盤で「リューガの変」と呼ばれるクーデターを起こし、セルモノーにエリス処刑の執行書にサインさせた上で、私兵を使ってエリスを殺害する。
更にそれには留まらず、自分にとって邪魔者でしかないゼネテスに無実の罪を被せて殺害する(進め方によっては回避可能)。

無印では一時加入のみで最後は必ず闇に落ちてしまうが、インフィニット以降では救出可能で、仲間にできるようになり、女性主人公限定のエンディングも追加された。
レーグやベルゼーヴァ同様、ダブルブレードのスキルを所持しており、二刀流を操る。

関連タグ

ジルオール








ネタバレ注意







実母は人間ではなくダルケニスというバルイアオン大陸では迫害されている吸血鬼のような種族。
普段は人間として過ごしているが、新月の香を嗅ぐとダルケニスとして覚醒し、暴走してしまう。
覚醒状態だと金髪にが白髪に代わる。
このことにより、リューガ家の当主ではいられなくなり、レムオンは仲間になる。
とある条件で女性主人公のみで起きる「吸血イベント」は人気のあるイベントの一つ。

レムオン

pixivに投稿された作品 pixivで「レムオン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 33065

コメント