ピクシブ百科事典

ロンドリーネ・E・エッフェンベルグ

ろんどりーねえくりぷすえっふぇんべるぐ

ロンドリーネとは、RPG『テイルズ オブ ファンタジア』の外伝作品である『なりきりダンジョンX』の登場人物である。
目次[非表示]

概要

声:喜多村英梨

テイルズオブファンタジア クロスエディション』、『テイルズオブファンタジア なりきりダンジョンX』で追加されたキャラクター。

本名は「ロンドリーネ・E・エッフェンベルグ」で、愛称は「ロディ」。
『ファンタジア』キャラではトップクラスの巨乳の持ち主。

ダオスを追う双剣士で年齢は19歳。剣も魔法も得意なエルフの女性。

『なりきりダンジョンX』では、ディオメルに出会い、彼らの旅に同行してくれる。旅の途中で、彼女が首にぶら下げている指輪のネックレス「デリスエリュシオン」の力で過去に飛ばされてしまうため、再合流は終盤となる。

テイルズオブファンタジア クロスエディション』では、「デリスエリュシオン」の力で過去に飛ばされたロンドリーネが登場し、仲間に加わるというストーリーが追加されている。クレス・アルベインら時空の勇者達とは行く先々の時代で出会うことになるが、未来から時空転移してきた関係で、ロンドリーネにとって初顔合わせがクレス達にとっては2度目の出会いであったり(未来編)、クレス達にとっては初めての出会いがロンドリーネにとっては2度目になっていたり(過去編)とややこしいことになっている。

精霊の森周辺に暮らす一般人の女性ということになってるが、ダオスと同じく時空転送を繰り返して、あらゆる時代に現れることができる人物である。過去編(クラース達の時代)からさらに100年前が彼女の本当の故郷にあたる。

戦闘能力

長剣と短剣の二刀流を用いた剣技を扱う。

なりきりダンジョンX』では素早い剣技と、下級魔法を使いこなせるバランス型。ステータスは低くないままに無難な性能であり、自分で操作しても仲間に加えてオートで戦わせてもある程度うまく立ち回ってくれる。

『クロスエディション』では、クレス以外の貴重な前衛役として重宝する。今までいそうでいなかった前衛と魔法を両立する魔法剣士であり、クレスとアーチェの中間ポジションを持つ。

『テイルズオブファンタジア』のパーティキャラクターは、まともに前衛で戦えるキャラクターが少ないため、打たれ強くクセの少ないクレスを操作するのが最適解だった本作において、ようやく追加された待望の前衛キャラだといえる。
唯一の欠点は、パーティの出入りが激しい事だが、最終的にはラスダン攻略前であれば隠しダンジョンを含めどこへでも連れ回せるため、充分な戦力になる。
※ダオスに面会させようとすると未来に帰ってしまうため、彼女を連れまわしたければ、ラスダン侵攻の前に引き返しを推奨。




ココから先はネタバレ注意!

暗殺者に育てられた孤児

彼女が使う剣術や体術はもともと暗殺術であり、世界のバランスを司る影の一族「エクリプス」(別名:蝕)が使う暗殺用の武術である。孤児だったロンドリーネを拾って育てた養父「ヴィクトル」はエクリプスの1人であった。また、ロンドリーネのミドルネームのEはエクリプスを意味する。
ヴィクトルは元々ミッドガルズ騎士の出であったが、とある事情でミッドガルズを追われる身となり、精霊の森へ隠遁し、孤児だったロディを引取って養っていた。
ヴィクトルが所持していた特殊な双剣「ドラグノフ」もエクリプスのために名工ギースが打った一品物である。

指輪について

彼女が首にぶら下げている指輪のネックレスは「デリスエリュシオン」というオーパーツであり、蓄積したマナを一気に消費する事で時間転移が出来る特殊なアクセサリーである。
この指輪を託したのは、魔王と呼ばれる前のダオスその人
精霊の森を訪れてたダオスを、幼い頃のロンドリーネが悪者と勘違いして襲いかかったことが馴れ初めである。それからしばしば合うようになったが、突如デリスエリュシオンを託して来なくなったという。
未来で魔王となり、人間と戦争を起こしたダオスの本心を知るために、時空を飛び回りながら彼に近づく機会をうかがっていた。

実はエルフの末裔

精霊の森近辺出身の一般的な女性ということになっており、魔術が使えるなど不可解な点が多く本作でもはっきりとした結論が得られない彼女であるが、公式からは「エルフの末裔」であるという公式発表がなされた。

人間に近い見た目をしているが、エルフの集落には入れるため少なくともハーフエルフではなく、生粋のエルフの子孫であると思われる。

エルフは、肌が白く耳が尖っているため彼女とは身体的特徴が一致しないが、本作中に「エルフ界では100年に一人、魔力を持たない『レネレス』と呼ばれる忌み子が生まれ、すぐに集落を追い出される」という話題があり、それが彼女であると仮定すれば、幼少期に孤児として人間同様の暮らしをしていたことに説明がつく。

エルフの血を少し引いている事からある程度の魔術を使える」と説明があることから、幼少期は全く魔力がなかったが、後天的に魔法が使えるようになった。又は、同様の世界線作品であるシンフォニアクラトスゼロスのようにアイオニトス(デリス・カーラーンで産出される鉱石)を粉末にして飲む手法により魔術を会得したと考えられる。
ただしこの場合、説明するために他作品の設定を持ち出す必要があるという一つの作品としてやってはいけないことなので、結局のところスタッフが何も考えていなかった可能性が高い。

そもそもエルフはダオスが地球にやってくるよりも大昔に地球に入植したデリス・カーラーン人である。外見的特徴(耳が長いなど)に違いはあるが、エルフとデリス・カーラーン人は同様の魔法を使うことができることからも、本質的には同じ人種と言える。


外伝作品出演

3章「結晶の大地と導きの光」の序盤、ディオメルと共に路銀が尽き空腹に喘いでいる所でルドガーと出会う。
彼女が旅をする理由は人探しだというが・・・

3章終盤、探し人であったダオスと共に世界中に起きている晶化現象を調査している所でスレイ一行、クレスと鉢合わせしてしまう。
過去の因縁から険悪な雰囲気のクレスダオス双方を説得、晶化現象を止めるという目的は一致していたため二人は一時的に共闘して襲い来る巨大モンスター群を撃退した。

2018年5月中旬のヴァルキリーアナトミアとのコラボイベントで登場・加入。
本作で初めての3D化及び3Dの戦闘となる。
なお、本作ではクレス達やダオスの側はティル・ナ・ノーグでの出会いが初めての彼女との出会いとなる(ロンドリーネのいる次元とは異なるパラレルワールドの出身)。
本作で、影祓い、黒鷹旋(影祓いの技変化)を新術技として習得。
魔鏡技は、「飛天・連波女返し」「サウザンドリッパー」「裏桜花炸光」

余談

テイルズオブエクシリア2』でもヴィクトルという、ロディの養父と同名キャラクターがいる。ロディの養父の方が名前の由来となったという話もなく、関連性は不明。

また、設定上にファンタジアのものと合わない設定が多くみられることからファンからは「出る作品を間違えてしまったキャラ」と言われることも多い。


関連イラスト

発売おめ!
ロンドリーネ



関連タグ

テイルズオブシリーズ テイルズオブファンタジア TOP なりきりダンジョンX なりダンX
ロディ 褐色 ダオス

関連記事

親記事

なりきりダンジョンX なりきりだんじょんくろす

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ロンドリーネ・E・エッフェンベルグ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 304

コメント