ピクシブ百科事典

三八式騎兵銃

さんはちしききじゅう

三八式歩兵銃を基に銃身を切り詰めて騎兵用の銃としたもの。三八式騎銃とも。
目次[非表示]

三八式騎兵銃とは、大日本帝国陸軍の主力小銃である三八式歩兵銃の銃身を300粍切り詰めて、騎兵銃としたもの。
騎兵科の主力としては、後に四四式騎銃が開発されたため徐々に第一線を退いていったものの、輜重兵砲兵工兵など歩兵以外の兵科の自衛火器として幅広い運用がなされた。
これは、短機関銃拳銃等が不足気味であった大日本帝国陸軍において、主力小銃よりコンパクトで補給性に優れ、汎用性がある軽便銃は本銃以外に存在しなかった為である。
また、三八式歩兵銃の後継型として九九式小銃が作られたが、九九式騎兵銃が実戦配備される事はなかった。
これは、口径7.7mmの九九式実包は射撃の際の反動が極めて強く(当時の日本人の体格では)撃ち辛いものであり、九九式短小銃の銃身長が短縮化の限界寸法と見られていたからである。

関連項目

大日本帝国陸軍 三八式歩兵銃 四四式騎銃 騎兵 

別名・表記ゆれ

三八式騎銃 38式騎兵銃 Arisaka Type38 Carbine

この記事のカテゴリ

小銃 大日本帝国陸軍 騎兵銃 ライフル

関連記事

親記事

三八式歩兵銃 さんはちしきほへいじゅう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「三八式騎兵銃」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6377

コメント