ピクシブ百科事典

三秋縋

みあきすがる

日本の小説家。著書に『三日間の幸福』など。
目次[非表示]

略歴

1990年生まれ、岩手県出身の作家。

高校時代から度々2ちゃんねるへの習作投稿を繰り返しており、
自身のホームページである『fafoo』内の『げんふうけい』というページにまとめていた。
投稿作品が大手のまとめサイトに掲載されるなど、web上で人気を博していた。

2013年9月、web投稿作品の一つである『十年巻き戻って、十歳からやり直した感想』を大幅に加筆・修正し、『スターティング・オーヴァー』と改題しメディアワークス文庫より出版。作家としてデビューした。

同年12月、同じくweb投稿作品の一つである『寿命を買い取ってもらった。一年につき、一万円で。』を大幅な加筆・修正の上で『三日間の幸福』として出版。当作以降の作品は完全書き下ろしとなる。

2016年6月、web投稿作品の一つである『あおぞらとくもりぞら』のコミカライズが告知され、
翌月の7月には上記の『三日間の幸福』のコミカライズも告知された。

同年8月より、上記二作のコミカライズ版がweb上で公開され始める。

fafoo

本人が運営する個人サイト。「FC2ホームページ」を利用している。
サイト内に『げんふうけい』というページがあり、ここにweb投稿作品をまとめていた。

作風

web投稿版

「webに適した文体・リズム」を心がけており、徹底した描写の排除や、一文の長さ、改行のリズムを工夫することで、書籍版に比べて”軽く”読みやすいようにされている。

書籍版

第一作の『スターティング・オーヴァー』ではホールデン口調で描かれているが、以降の作品ではより散文的になっていき、非常に淡白な文体。

担当編集の三木一馬は、「彼の作品群の人気の理由は『停滞する社会の中で、頑張れといわれ続け疲れ始めた人々』に向けた『優しい諦め』『理想の失敗』『負ける潤い』『心を突き刺す癒やし』を描いている点にある」としている。

作品

メディアワークス文庫

  • スターティング・オーヴァー(2013年9月25日、表紙:E9L
  • 三日間の幸福(2013年12月25日、表紙:E9L
  • いたいのいたいの、とんでゆけ(2014年11月21日、表紙:E9L
  • 君が電話をかけていた場所(2015年8月25日、表紙:usi)
  • 僕が電話をかけていた場所(2015年9月24日、表紙:usi)
  • 恋する寄生虫(2016年9月24日、表紙:しおん


早川書房

  • 君の話(2018年7月19日、表紙:紺野真弓)


単行本未収録作品

メディアワークス文庫HP

  • 小さな願い(『三日間の幸福』のサイドストーリー →リンク
  • 夜の向日葵(『~が電話をかけていた場所』のサイドストーリー →リンク


げんふうけい

2011

  • 岩と縄 

2012
  • 1969(二次創作)
  • ひーちゃんとはーちゃんの話
  • 煙の街
  • あおぞらとくもりぞら 
  • スターティング・オーヴァー 

2013
  • 三日間の幸福 

2016
  • あおぞらとくもりぞら(改稿版)

その他

  • 存在の言うまでもない軽さ

(『三日間の幸福』の前日譚、書き下ろしペーパー。2015年末、キャンペーンとして『三日間の幸福』に挟み込み配布された)

  • 夢が覚めるまで
(2017年9月5日~9月17日の期間で行われたloundrawの原画展「夜明けより前の君へ」で販売された)
公式リンク
  • 聖地巡礼
(『君の話』発売時、一部店舗で同封された特典ペーパー)

メディアミックス作品

  • 寿命を買い取ってもらった。一年につき、一万円で。(漫画:田口囁一)

 →少年ジャンプ+

  • あおぞらとくもりぞら(漫画:loundraw)
 →notepixv

関連イラスト

いたいのいたいの、とんでゆけ
スターティング・オーヴァー


あおぞらとくもりぞら 第三話
あおぞらとくもりぞら 第四話


三秋系カップル
あおぞら


夢が覚めるまで
冷たい約束



関連タグ

メディアワークス文庫 小説家

関連リンク

pixivに投稿された作品 pixivで「三秋縋」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1920848

コメント