ピクシブ百科事典

三遊亭鳳楽

さんゆうていほうらく

三遊亭鳳楽とは、落語家である。

概要

本名:内田 啓次
1947年3月1日生まれ。

1965年に5代目三遊亭圓楽に入門。三遊亭楽松を名乗る。
1979年、真打に昇進。大師匠の6代目三遊亭圓生が見届けた最初で最後の真打の孫弟子となる。
2007年に師匠圓楽の引退に伴い、円楽一門会会長に就任。
圓楽の死後、7代目圓生襲名を宣言するが、圓楽の弟弟子の三遊亭圓丈三遊亭圓窓が相次いで反対し断念する。
2015年、円楽一門会会長を三遊亭好楽に譲り、顧問となる。

関連タグ

三遊亭楽太郎 - 圓楽の子飼いの弟子。4番弟子ではあるが、上記の理由から、惣領弟子の鳳楽ではなく彼が6代目三遊亭円楽を襲名する(2番弟子の好楽と3番弟子の三遊亭圓橘は外様)。

pixivに投稿された作品 pixivで「三遊亭鳳楽」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 70

コメント