ピクシブ百科事典

五頭龍

ごずりゅう

五頭龍大神として祭られる神奈川県に伝わる伝承に登場する5つの頭部を持つ龍神。

概要

武蔵国と相模国の国境付近(神奈川県鎌倉市深沢)の国境付近にあった長大なに棲んでいたとされる五つの頭を持つ龍神

元々は周囲の暴れ者の神々を手下にして山々を崩すは、疫病を流行らせるは、台風地震などの天変地異を引き起すはと傍若無人に国土を荒らす悪龍で、困り果てた人々は生贄として16人の子供たちを捧げるが、それでも自身の行いを改める事無く乱暴狼藉を続けていた。

そんなある日、天地雷鳴の大地震と共に忽然と海にわき出した島(江ノ島)と共に天から降りて来た十五童子を従えた弁財天(または天女)に一目惚れし求婚するも、今まで行ってきた数々の悪行三昧を戒められ断られてしまう。

諦め切れない五頭龍は改心してこれからは善行を尽くして人々を守る事を誓い無事に結婚。
山と化身して人々を災害から守る国家安泰の神“五頭龍大神”として祭られるようになったという(その他にも結婚後、約束通りに人々を災害から守って来たがその度に日に日に衰弱して行き、指針の死期を悟ったは山と化身して今でも村を守り続けているという伝承もあるらしい)。

関連項目

 弁財天
多頭竜 九頭龍 五龍

関連記事

親記事

りゅう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「五頭龍」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 244

コメント