ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要編集

プロフィール編集

性別男性
誕生日1月20日
身長158cm
年齢17歳
CV山下大輝
演者森さとる
氣属性

人物編集

担当死罪人は

画家になりたい気持ちを抑え、代々仕える山田家の門下となり浅ェ門の業に悩み続けた気弱な侍。

自身の正当性を宗教を学ぶことで求めたが、逆にその姿勢が評価され不本意に段位が高くなる。そんな自分の境遇に悩んでいた最中、罪悪感などものともせず自由奔放に振る舞うに出会い、憧れるようになる。

作中で絵が一番うまく非常に博識で、序盤に画眉丸達が島を分析しサバイバルしていく際には大いに助けになった。


同じ段位持ちの佐切付知とは親しく、三人でよく茶屋に行って団子を愉しむ仲であった。

好きな食べ物は金平糖。絵だけでなく料理の腕もピカイチであり、道場の食当では1番人気である。

(ファンブックより)


結末編集








※ネタバレ注意












佐切らと“蓬莱”を訪ねた際に天仙の一人である牡丹と遭遇。“氣”を自在に操り自己再生をする牡丹に苦戦を強いられながらも、突きや手首を巧みに使用したフェンシングの様な剣捌きで杠をサポート、佐切や杠と共闘することで一度は人型の牡丹を倒す事に成功するが、その後“牡丹”が“鬼尸解”した際に杠を攻撃から庇って瀕死状態になる。

最後は士遠に牡丹の弱点を教えた後、憧れの人である杠の胸の中で、侍の役目や矜持から開放されて好きな事だけを思い浮かべながらこの世を去った。

彼の死は、生前仲の良かった付知の、命と情への考え方に大きな影響を与えることとなる。


地獄楽の小説「うたかたの夢」の第3話“心動かすもの”では仙汰と杠が島に上陸してから画眉丸達に会うまでのやり取りが、仙汰視点で語られている。彼が自由奔放に振る舞う杠に惹かれていく様が相見える話となっている。

Goodbye. さようなら 🌺🌹🌷🥀


関連イラスト編集

画像の眼鏡をかけた男性が仙汰。

仙汰くんまとめ3


関連タグ編集

地獄楽

山田浅ェ門

山田浅ェ門仙汰

関連記事

親記事

地獄楽 じごくらく

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 35266

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました