ピクシブ百科事典

仮面魔獣デス・ガーディウス

かめんまじゅうですがーでぃうす

遊戯王OCGに登場する悪魔族の効果モンスター。
目次[非表示]

カードテキスト

特殊召喚・効果モンスター
星8/闇属性/悪魔族/攻3300/守2500
このカードは通常召喚できない。
「仮面呪術師カースド・ギュラ」「メルキド四面獣」の内いずれかを含む
自分フィールドのモンスター2体をリリースした場合に特殊召喚できる。
(1):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合、
相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動する。
デッキから「遺言の仮面」1枚を装備カード扱いとして対象のモンスターに装備する。

概要

原作マンガにて登場した悪魔族の大型モンスター。非常に高い攻撃力と厄介な効果を持っており、OCGにおいては一時期最強の攻撃力を誇る悪魔族モンスターとして知られていた。
過去のゲーム作品においては通常モンスターとして登場した事があり、その際のフレーバーテキストによれば人食い魔物であり、食した人間の顔が仮面に浮かび上がってくるのだとか。

通常召喚は不可能だが、特殊召喚の手法は普通にレベル8モンスターをアドバンス召喚する場合に近い。ただしリリース要員として「仮面呪術師カースド・ギュラ」もしくは「メルキド四面獣」が1体以上必要とされている。尤も双方ともに悪魔族のレベル4通常モンスター、しかも攻撃力1500で闇属性なので、手札やフィールドに呼び込むにはあまり苦労しないだろう。
リリースが必要とは言えアドバンス召喚ではなく特殊召喚なので、メルキド四面獣を通常召喚した直後にそのままリリースしてデス・ガーディウスを特殊召喚、といった通常召喚では不可能な動きもできる。ただし、条件が揃わない限り手札から出せない事もしっかり念頭に入れておかないと、痛い目を見る事になりかねない。

特殊召喚に成功した場合、フィールド上ではそのまま高火力の大型モンスターとして暴れるのが主な仕事。しかし本領を発揮するのは、このカードがフィールド上から墓地に送られた時である。デッキから本来は通常魔法カードである「遺言の仮面」を装備カード扱いで場に出し、相手モンスターに装備させる事でそのコントロール権を強奪できる。折角強大なモンスターを処理できたと思いきや、その瞬間に自分のモンスターが奪われる事になるのだから、相手からすれば溜まったものではない。しかもこの効果、タイミングを逃す心配がほぼ無いという強みもある。除去効果に何の耐性を持っていないのは高火力アタッカーとしては不安要素だが、このカードにとってはむしろ都合が良いとも言える。
ただし、除外などによって退場させられたり、激流葬などによって敵陣もガラ空きになっていたり、自分の魔法・罠ゾーンが埋まっていたり、デッキの中に遺言の仮面が無かったりすると効果が不発に終わってしまう。特に「デッキの中から」しか遺言の仮面を装備させられない点は忘れないように。ちなみに遺言の仮面は通常魔法として発動させた場合はただデッキに戻っていくだけでほとんど意味は無い。ただ、手札にずっと持っていてもそれこそ意味が無いので、忘れずにデッキに戻してデス・ガーディウスの効果を有効に活用できるようにしておこう。

ちなみに原作にてこのモンスターを使役したのは光の仮面だが、元々はパートナーである闇の仮面の手札にあったものを「手札交換」なるカードで強引に奪い、続けて発動した「選ばれし者」によって無理やり特殊召喚している。しかしそのデュエルに敗北した結果、アンティルールにより海馬の手に渡った模様。また、遊戯王DMでは闇マリクも使用している。

関連項目

悪魔族
仮面呪術師カースド・ギュラ メルキド四面獣 遺言の仮面
仮面魔獣マスクド・ヘルレイザー - もう一体の「仮面魔獣」

関連記事

親記事

悪魔族 あくまぞく

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「仮面魔獣デス・ガーディウス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1302

コメント