ピクシブ百科事典

信号電材アルミ分割灯器

しんごうでんざいあるみぶんかつとうき

信号電材の最初の信号灯器モデルである。擬きも存在する。
目次[非表示]

概要

80年代後半に信号電材がデビュー作になった灯器で、アルミ、分割、多眼レンズの斬新なデザインで登場した。
主に広島県宮崎県等の西日本各地や東京都福島県等のバンドミラー電球採用地域の西日対策灯器として入っていった。

後に西日本各地や福島では電材擬きも生まれていった。
宮崎県鹿児島県ではプロトタイプも残っている。

対西日対策で導入。

80年代後半では、西日対策の灯器は少なくあってもコイト渦巻きレンズブロンズレンズが主流だった。
西日対策をやっていた自治体は主にバンドミラー電球が主流だったため、ソフトホワイト電球が主流だった関東(東京都茨城県除く)・中部(福井県静岡県除く)ではを除いてそれに悩んでいた自治体が多く、ブツブツレンズは西日に弱い事が原因で導入できない事情もあった。
そこで信号電材多眼レンズと言う斬新なレンズを制作し、更にアルミ、分割と言う斬新なモデルで登場したことでこの灯器が一目、注目されるようになった。

それ以降、秋田県東京都九州等では多眼レンズ搭載の電材を選ぶ傾向が強くなった。

電材擬きの見分け方

電材製の灯器はOEMが多く、擬きも多くみられる。
主に西日本福島県等で見る事が出来る。
見分け方として電材製はレモンレンズ不採用である事、電材製は必ず出目であるなので、薄目レモンレンズは間違いなく擬きになる。
但し、出目や多眼レンズでも擬きは存在するのでそこは気を付けてもらいたい。

関連タグ

信号電材 信号電材一体型灯器
信号電材薄型灯器

pixivに投稿された作品 pixivで「信号電材アルミ分割灯器」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 179

コメント