ピクシブ百科事典

公孫勝

こうそんしょう

公孫勝とは、『水滸伝』の登場人物。
目次[非表示]

概要

天罡星三十六星の天間星の生まれ変わりで、序列第四位の好漢。
修行中の道士であり、師匠の羅真人から道術を学び、その力で度々梁山泊を救っている。
あだ名は道術で自由自在に風雨を呼び、霧にまたがってまるで竜のように雲にまでのぼることができたことから『入雲竜(にゅううんりゅう)』と呼ばれている。
道号は一清道人。梁山泊では副軍師を務める。
道士であるが、武芸にも通じており、身の丈八尺の長身で体格の良い偉丈夫でもある。

来歴

豪傑と評判の高かった晁蓋の元へ訪れた公孫勝は、北京の知事から宰相・蔡京に贈られる十万貫の生辰綱(誕生祝いの金銀財宝)を、民の血税によってなされた不義の財であるから奪うことを持ちかけようとする。だが、奇しくも晁蓋も同じことを考えており、公孫勝と晁蓋は、呉用劉唐阮小二阮小五阮小七白勝らとともに強奪計画を実行し、見事に生辰綱を奪取した。しかし、すぐにバレたため、公孫勝たちはすぐに梁山泊に身を寄せる。

その後、一度師匠の羅真人の元へ戻り、再び修行に励んでいたが、戴宗李逵が訪れて柴進の危機を知り、羅真人の許しを得て戦場の高唐州へ向かう。妖術で梁山泊軍を苦しめる高廉と対峙し、修行で得た強力な道術で高廉を打ち破る。その後も、幾度も強力な道術使いと戦い、梁山泊軍を助けている。

関連タグ

梁山泊

pixivに投稿された作品 pixivで「公孫勝」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5011

コメント