ピクシブ百科事典

初代メカクシ団

しょだいめかくしだん

初代メカクシ団とは、アヤノ、キド、セト、カノの四人組によって作られた、「メカクシ団」の初代結成の「秘密組織」である。
目次[非表示]

あの日の秘密組織は。


赤いマフラー巻きつけた

「秘密組織みたい!」




概要

カゲロウプロジェクトの主人公チームであるメカクシ団だが、元々このチームを作ったのはアヤノ(楯山文乃)である。彼女のナンバーはNo.0。

アヤノの母であるアヤカが引き取った幼少期のキドセトカノを喜ばせるために、アヤノ曰く「主人公の色」である赤色のマフラーを身にまとい、ヒーローごっこをしたところ、三人が「秘密組織みたい!」と初めて喜んだのがよほど嬉しかったのか、アヤノは毎日マフラーを身に付け4人で秘密組織ごっこをしてたという。

それがメカクシ団の始まり。3人のフードつきのパーカーは、赤い目の能力を隠すためにアヤノが与えたものだった。「メカクシ団」という名はカノが勝手に命名したが、「自分たちの目の能力を隠すための秘密組織」であった事に由来している。

自分たちの能力を知っても家族として大切に想ってくれるアヤノを、3人は実の姉として慕っていた。しかしそんな家族の幸せは、が事故で死亡した事で永遠に失われてしまう。狂ってしまった父の目論みが、大切な弟妹や友人たちを殺す事に繋がると知ったアヤノは、「独りぼっちの作戦」を決意し大切な人たちを守るために投身自殺する。その最後の瞬間までアヤノは残される事になるメカクシ団の事を案じ続けていた。

シンタローはアヤノと交流があったが、アヤノが初代メカクシ団長だった事を小説1~4巻の時点ではまだ知らない模様。それ故にシンタローはメカクシ団で楽しく過ごす事でアヤノの事を忘れてしまうのではないかという不安も抱いている。
しかしメカクシ団もアヤノが守りたかった物である事は間違いなく、アヤノを失って引きこもったシンタローがメカクシ団と出会って前を向くようになった事に運命的なものはあるのかもしれない。



関連イラスト

ちゃんとお姉ちゃんになれたかな

【カゲプロ】楯山さん家


こそこそ…

みんなの<お姉ちゃん>



関連項目

カゲロウプロジェクト メカクシ団 アヤノの幸福理論
アヤノ キド カノ セト

pixivに投稿された作品 pixivで「初代メカクシ団」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 499939

コメント