ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

古典落語の演目の一つ。ある夫婦のヒトコマを描いた滑稽噺

逸話など

  • 髪結いの妻・お崎が亭主・八五郎の愛情を確かめようとする噺。
  • 孔子の「論語」より郷党篇「廐焚 子退朝曰傷人乎 不問馬」を元にした根多。書き下すと「厩焼けたり。子、朝より退きて曰く、人を傷(そこな)えるか、と。馬を問はず」。
  • サゲは「考え落ち」(少し考えてからニヤリとさせられるオチ)。「がっかり」にも「ほっこり」にも受け取れるようになっており、その解釈も聞き手に委ねられる。


あらすじ

髪結いのお崎とヒモ状態の亭主・八五郎は日頃から口喧嘩が絶えない。ある時、お崎は仲人の旦那の所に駆け込んできて「愛想が尽きた、別れたい」とマシンガントークでまくし立てる。しかし、旦那が八五郎のダメな所を散々指摘して「そんなダメな奴とは別れっちまいな」というと、「そんなに言うこと無いじゃありませんか!」と、お崎は何故か亭主を庇い出し、はては惚気まで始める始末

呆れた旦那が「一体お前さんはどうしたいんだ」と問い質すと、お崎は亭主の気持ちが知りたいという。「友白髪まで添い遂げられるものか、アタシが患ったときに捨てられてしまうのか…」とボヤくお崎。そこで、旦那は「なら一つ、八の了見を試してみたらどうだ」と提案し、2つの話を紹介する。

1つは、むかし唐土(もろこし)にいた孔子という偉い学者の話。弟子が留守番をしていた家で火事が起き、馬小屋も全焼。弟子はみな無事だったものの、孔子が大事にしていた白馬は焼け死んでしまった。孔子が帰宅してその惨状を目の当たりにするや「弟子に怪我はなかったかい?」と何度も訪ねた。馬のことは一度も口にせず、一切責めなかったため、弟子は「命を捧げても師父を守らねば」と忠心を厚くした。

もう1つは麹町にいた“さる”旦那(さすがに名前は出せないらしい)の話。奥さんが家宝の皿を運んでいた時に階段を踏み外してしまった。奥さんは皿を傷つけないようにと守りきったが、旦那は顔色を変えて「皿はどうなった」「皿は大丈夫か」と何度も問いただし、奥さんの体は全く気にしなかった。結局、旦那は奥さんに愛想を尽かされて離縁され、生涯独り身で過ごした。

2つの話を紹介した旦那は、「八が大事にしている瀬戸物を目の前で割って、試してやれ。一言でもお前の身を案じるようなら、まだ見込みはあるぞ」とお崎を焚きつける。

お崎は家に戻ると、八五郎が大事にしている皿を棚から取り出す。「今出す必要はないだろう、いいものなのだから丁寧に扱え、気をつけろよ」と慌てる八五郎。お崎は「ああ、麹町のか」と不安を感じながら、八五郎の目の前で手を滑らせ、皿を割ってしまう。すると八五郎は残念な顔をした後に「おい、お前の手は大丈夫か?ケガはしてないか?」とお崎の心配するのだった。

「ああ、猿かと思ったがお前さんはヤッパリもろこしだったよ」と喜ぶお崎。「お前さん、瀬戸物よりもアタシが大事かい?」すると八五郎、すかさずこう返す。

当たり前だ。お前がケガでもしてみろ。明日ッから遊んで酒が呑めねえ


関連項目

落語 落語の演目 夫婦
孔子 論語 ツンデレ ダメ男
めぞん一刻(「一の瀬氏の失業」で一の瀬さんの台詞に厩火事のサゲが使われている)

関連記事

親記事

落語の演目 らくごのえんもく

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「厩火事」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6646

コメント