ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

中華職業棒球大聯盟(CPBL)に所属する球団。
CPBL発足時に参加していた4球団(味全、統一兄弟三商)の1つであったが、1999年シーズン後に一度解散し、2019年に再結成した。
1998年から頂新国際グループ(香港澳門を除く中国圏にてファミリーマートを運営している)の傘下となったが、それが1999年の一時解散に繋がった。現在は頂新グループの頂立開発実業が親会社になっている。
再加盟後は新竹市の中正棒球場を本拠地としている(球場の改修工事をしていた2021年は台北の天母球場を使用。本拠地の概念が希薄だった1990年代も主に台北で試合を主催していた)。

チームロゴは中日ドラゴンズと同じく、ロサンゼルス・ドジャースを意識した物になっているが、チームカラーは赤。

歴史

1979年に、味全食品と中国文化大学野球部との「建教合作(企業と学校との合同)」チーム・味全成棒隊が作られた。1988年限りで建教合作関係は終了し、味全成棒隊は社会人野球のチームとなった。
1990年からのプロ野球リーグ(CPBL)発足に伴いプロ球団となり、球団名を味全ドラゴンズ(味全龍)とした。
リーグ初年度の後期に初優勝。この年の前期優勝チーム三商タイガースを下して、初代の年間優勝チームとなった。
1997年から1999年にかけてリーグ3連覇を飾ったが、当時の球団会長・魏應行(1998年に味全食品を傘下に収めた頂新グループ創業者一族のひとり)が球団の解散を宣言。一方的な解散宣言に反発したファンが球団存続を求める署名活動を行ない立法院や行政院を巻き込む形で嘆願するも、あくまで球団の取り潰しに固執する魏應行は聞き入れず、1999年シーズン限りでチームは解散となった。

2017年6月、頂新グループは球団の再興に動き出し、「味全ドラゴンズ」関連の商標権を持つ中華民国徐世明棒球発展協会に権利の譲渡を要求し、さらに経済部智慧財産局(日本で云う特許庁に相当)に商標登録を申請した。
そして2019年5月にCPBLへの再加入が承認され、2021年シーズンからのリーグ戦へ参加すること、それに先駆けて2軍は2020年から雲林県の斗六棒球場を本拠地にして参戦すること、かつてNPB福岡ソフトバンクホークスMLBトロント・ブルージェイズなどに在籍していた川﨑宗則の入団が発表された(2019年限りで退団)。
2020年オフには、元メジャーリーガー田澤純一が入団した。
再加盟時点のオーナー・魏應充は、かつて球団を解散に追いやった魏應行の兄である。

主な球団関係者

永久欠番

  • 85 徐生明(監督)


関連項目

中華職棒統一獅中信兄弟富邦悍将楽天桃猿味全龍台鋼雄鷹


中華民国 台湾 プロ野球
中日ドラゴンズNPB

関連記事

親記事

CPBL しーぴーびーえる

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「味全ドラゴンズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 378

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました