2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

主人公・鬼塚英吉が担任を務める東京吉祥学苑中等部3年4組の生徒。
桜井良子理事長の孫であり、彼女の権力を笠に着て好き放題やっており、理事長自身も彼を甘やかしており、鬼塚が繭をとがめた際には孫可愛さにビンタしている(理事長は後に謝罪している)。
高等部に「アゲハ」という名の恋人がいる。

人物

2年生の時、相沢雅が扇との関係をでっち上げた際にはそれを真に受け、クラスのみんなと教師イジメに加担していた。しかし、後述する事情から途中で不登校となる。

家庭環境は謎だが、父親が何らかの不正を働いており、それが原因で大量のトリプトファン(精神安定剤)を服用するほど情緒不安定になっていく(それが原因と思われ、不登校となってしまう)。そのような折、菊地善人にのみ心を開いており、その心情を部分的に語っていた。

父親のような「汚い大人」を忌み嫌っており、自宅に帰らない日が多く、多くの不良たちとつるんで好き放題やっていた。ふとしたことから登校し、鬼塚を陥れ、他の教師たちをたまり場に引き連れて「教師イジメ」を始める。だが、鬼塚の提案した「腕相撲100人抜き」で繭の仲間が次々とやられていき、ついに自身が100人目として鬼塚と戦う破目になるが、このことで「身体を張る者と、影で扇動する者の差」を思い知らされ、戦わずして敗北。その後、鬼塚や周囲と和解し、「アンタにもっと早く会いたかったよ」と本心の笑顔を鬼塚に見せ、それ以降は鬼塚に協力するようになる。

終盤近くで芸能界デビューし、クラスメイトで復学した石田拓海にクラッキングしてもらった父の不正の証拠を持って世間に公表した。
なお、父の不正に関しては最後まで明言されなかったが、作中の描写から判断すると薬害に関連したものと思われる。

ドラマでは2012年のAKIRA版のスペシャル第1弾に登場。演じたのは 葉山奨之(幼少期:佐藤瑠生亮)。原作とは違い桜井とは赤の他人で生後間もなく両親に捨てられ養護施設で暮らしていたが国会議員の牧田(原作の番外編「SHONAN 14DAYS」に登場する人物)に引き取られ義理の親子になる。義父と同じ姓を与えられるために明修学苑高等部2年4組に転校して鬼塚を学苑を追い出そうとして事件を起こすものの、牧田から今までただの道具としか思われていなかった事を知って彼を見限り、鬼塚に協力して牧田の汚職の証拠が入ったSDカードを鬼塚に渡して牧田を辞職に追い込んだ。事件後はアゲハが借りたアパートで一緒に暮らしており、鬼塚ともクラスメートとも本当の意味で打ち解ける事ができた。
スペシャル第2弾以降は未登場で退学したか別の学校に転入したと思われる。

関連タグ

GTO モトヨン

渚カヲル:容姿をモデルにしたとの説がある。

関連記事

親記事

モトヨン もとよん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「和久井繭」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「和久井繭」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4911

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました