ピクシブ百科事典

和久井繭

わくいまゆ

藤沢とおるの漫画『GTO』の登場キャラクター(画像左側)。
目次[非表示]

概要

主人公・鬼塚英吉が担任を務める東京吉祥学苑中等部3年4組の生徒。
桜井良子理事長の孫であり、彼女の権力を笠に着て好き放題やっており、理事長自身も彼を甘やかしており、鬼塚が繭をとがめた際には孫可愛さにビンタしている(理事長は後に謝罪している)。
高等部に「アゲハ」という名の恋人がいる。

人物

2年生の時、相沢雅が扇との関係をでっち上げた際にはそれを真に受け、クラスのみんなと教師イジメに加担していた。しかし、後述する事情から途中で不登校となる。

家庭環境は謎だが、父親が何らかの不正を働いており、それが原因で大量のトリプトファン(精神安定剤)を服用するほど情緒不安定になっていく(それが原因と思われ、不登校となってしまう)。そのような折、菊地善人にのみ心を開いており、その心情を部分的に語っていた。

父親のような「汚い大人」を忌み嫌っており、自宅に帰らない日が多く、多くの不良たちとつるんで好き放題やっていた。ふとしたことから登校し、鬼塚を陥れ、他の教師たちをたまり場に引き連れて「教師イジメ」を始める。だが、鬼塚の提案した「腕相撲100人抜き」で繭の仲間が次々とやられていき、ついに自身が100人目として鬼塚と戦う破目になるが、このことで「身体を張る者と、影で扇動する者の差」を思い知らされ、戦わずして敗北。その後、鬼塚や周囲と和解し、「アンタにもっと早く会いたかったよ」と本心の笑顔を鬼塚に見せ、それ以降は鬼塚に協力するようになる。

終盤近くで芸能界デビューし、クラスメイトで復学した石田拓海にクラッキングしてもらった父の不正の証拠を持って世間に公表した。

関連タグ

GTO モトヨン

関連記事

親記事

モトヨン もとよん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「和久井繭」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2494

コメント