ピクシブ百科事典

四神(ヴァルキリードライヴビクニ)

びくにのせんせいたち

四神(ヴァルキリードライヴビクニ)とは、PSVITAのゲーム・ヴァルキリードライヴビクニに登場する、教師陣にして大型ボス群の総称である。
目次[非表示]

概要

 ヴァルキリードライヴビクニに舞台である、ビクニ島の守護者達の総称。
 その姿は生物的な外観をした、大型の機甲兵器であり、戦闘力は見た目に違わぬものを誇る。
 構成員は以下の通りである

グンダリ

 (CV:笠原あきら)
 四神のリーダーを勤める、朱色の鳥の外観をした存在。
 神々しい空気を醸し出し、どことなく古風な口調で話す。
 戦闘力はトップクラスであり、その外観に相応しい空戦能力に加え、無数の火炎弾による広域爆撃、高速滑空からの連続火柱、果ては地中潜行からの奇襲まで行う。
 更にライフが一定以下になると、青色の分体を生成し、数の暴力で反撃してくる。
 その正体は……

ダイイトク

 (CV:羅弘美)
 勇ましい男口調が特徴の、白い猛虎の外観をした存在。
 戦闘面では、前述の外観に違わぬ走破性を見せるだけでなく、背部に装備された砲台による砲撃や、周辺区域への放電、追尾性のある電光球に加え、ライフが一定以下になると帯電状態になり、近接戦闘が難しくなる。

ゴウザンゼ

 (CV:竹内麻沙美)
 緑色の東洋の龍の外観をした存在。
 普段は知的かつ理性的な口調だが、血の気の多さを本性とする。
 口からレーザーを放つ他に、翼から氷の塊・無数のレーザーを放つ、地上を勢い良く滑走する等、多彩な攻撃を見せる。

コンゴウ

 (CV:上田有佳里)
 ヘビめいた尾を備えた、巨大な甲冑武者と言う外観をした存在で、四神の先鋒=最初のボスを勤める。
 厳めしい武人口調で話すが、四神の中では若手に当たる。
 手にした大刀や、左右の肩部装甲に内蔵された機関銃ミサイルによる攻撃、大技に胸部とヘビめいた尾の双方向からレーザー発射を行うが、最初のボスと言う事もあって、攻撃の頻度自体は控え目……なのだが、バリアを展開する(但し、ヘビめいた尾はバリアから漏れている為、完全防備ではない)、侵入不可能の上空に一時退避する等の、防御行動に秀でている。

ボスとしての特性

 巨体であるものの、攻撃が命中する部位が胴体や間接に配置されるコアパーツと、それを防御するように配置された装甲(コア破壊しない限り、自己修復する)に限られている。
 グンダリとコンゴウは尾を、ダイイトクとゴウザンゼは頭部を破壊すると、後ろ足を除く全ての部位が破壊される。

余談

 グンダリとコンゴウは二足歩行、ダイイトクとゴウザンゼは四足歩行となっている。

















ネタバレ注意!!










正体

 四神達の正体は『ビクニ島に隔離された、V-ウィルス感染者の集合体』である(つまり、全員が女性である。CVを見ればバレバレであるが)。
 詳細を記すと「本体となる『各期生最強のヴァルキリー1人』をリブレイターとし、残る感染者をエクスターとして武装に変換させる」事で成立する。

ネタバレ込みの余談

 グンダリ以外の四神の言動が、CHAOSとORDERで違い過ぎている。
 特に酷いのはコンゴウとダイイトクで、「同一人物かっ!?」と疑いたくなるレヴェルである(シナリオライターが複数人居る、弊害と見るべきだろう)。

 尚、1期生筆頭はグンダリ、4期生筆頭はコンゴウであるが、2期生と3期生は不明瞭になっており、その証拠にダイイトクとゴウザンゼは、戦う順番がシナリオによって前後している。


関連タグ

関連記事

親記事

ヴァルキリードライヴビクニ あらたなるばくにゅうはいぱーばとる

兄弟記事

コメント