ピクシブ百科事典

概要

1999年10月12日生まれ、静岡県出身。身長は、161cm。
2018年に「坂道合同オーディション」に応募し、合格。その後は、「坂道研修生」として活動していたが、2020年2月16日のSHOWROOM配信で欅坂46への配属が決定し、欅坂46の2期生メンバーとして芸能界入り。その後、他のメンバーとともに櫻坂46として再出発。

漁師の娘であり、3人姉妹の次女である。姉は父と同じ漁師の道を歩んでいる。(父親は、冠番組「そこ曲がったら、櫻坂?」に度々電話や手紙を通して間接的に出演しており、MCの土田晃之ハライチ・澤部佑からも「面白いお父さん」として高評価を得ている。)
反復横跳びが得意であり、本人はこれしか取り柄が無いと言っている。なお、反復横跳びをする際の構えは足を広げて腰を落とすという独特なスタイルであり、澤部は尾関梨香の「尾関スタイル」の再来だと称し、これを「大沼スタイル」と命名した。
「そこ曲がったら、櫻坂?」2020年11月22日放送回「櫻坂46 三つ巴バトル!後半戦」で目隠し状態で出番を待っている際に前傾姿勢になっており、スタジオは大爆笑に包まれた。
「そこ曲がったら、櫻坂?」2020年12月13日放送回「Nobody's faultゲーム」の「ジブリ映画を被らずにフリップに書け」というお題で独特な字体で「ダンゴムシ」と書いた。
そのあまりにも奇想天外なキャラのせいか、同期の藤吉夏鈴から「大不思議」というキャッチコピーを付けられる。なお、増本綺良は藤吉から「大不思議2」というキャッチコピーをつけられた。
「高校初日に本を見ながら歩いていたらつまずいて転んで黒板消しクリーナーを作動させて静かだった教室が大爆笑に包まれ、高校初日なのにクラス全員と友達になった」というエピソードを他の人に話すため、親に黒板消しクリーナーを買ってもらった。流れで同期の田村保乃が巻き込まれ、このエピソードをやった(結局黒板消しクリーナーはどうなったかは不明)。
仲の良いメンバーは、大園玲。本人曰く、彼女にしたいらしい。当の大園も彼女にしたいメンバーで大沼を挙げていたため、大園とは仲がいい模様。

関連タグ

アイドル 櫻坂46

関連記事

親記事

櫻坂46 さくらざかふぉーてぃーしっくす

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「大沼晶保」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「大沼晶保」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 136

コメント