ピクシブ百科事典

夫婦刀

ふうふとう

おもに騒速と大通連を指して使われる傾向にある。
目次[非表示]

概要

夫婦刀とは、一般的に夫婦で所持している刀剣の意味で広く使われている。

いつ頃から「夫婦刀」という呼称が使われ始めたのかは不明であるが、サブカルチャーにおいて坂上田村麻呂の「騒速」と鈴鹿御前立烏帽子)の「大通連」が夫婦刀として扱われている。
例えば、とある作品の考察で、ごく一部であるが登場キャラクターが所持する「長刀」と「短刀」の元ネタは騒速と大通連ではないかという中で使われていた様である。
この作品の考察に限らず、インターネット界隈では2000年代には騒速と大通連を夫婦刀としていたことが確認出来る。

騒速と大通連

お伽草子『鈴鹿の草子』や奥浄瑠璃『田村三代記』などの物語で(諸本による違いはあるが)語られる、田村将軍と鈴鹿御前(立烏帽子)のエピソードから騒速と大通連が夫婦刀であると考えられはじめたのであろう。

鈴鹿御前を見つけた田村将軍が騒速を投げかけると、鈴鹿御前は大通連を投げ返す。騒速が烏に変化して飛びいれば、大通連は鷹に変化して追い出した。騒速が火焔となって燃入れば、大通連は水流となってそれを消す。他にも剣を持っている鈴鹿御前は、成す術のなくなった田村将軍に対して婚姻を切り出し、二人は夫婦となった。
天にあらば比翼の鳥、地にあらば連理の枝、釈迦大悲の弓を手に立ち給う、涅槃の中は替わるとも、我ら中は替わるまし
この剣合わせの場面では白居易の『長恨歌』(ちょうごんか)から「比翼連理」の詩を引用して締め括られ、その後、田村将軍が鈴鹿御前の閨で夫婦の契りを交わして娘の小りん誕生までが描かれている。

なお、諸本によっては同じエピソードでも田村将軍が「そはや丸・こんじゃく丸」という2振りの剣を使っている。こんじゃく丸と小通連が対になっているため、そはや丸と大通連の前例でいえば、この2振りも夫婦刀と言えなくもない。

夫婦剣との違い

夫婦剣は、古代中国の説話に語られる雌雄一対の双剣干将・莫耶」が有名。刀工・干将とその・莫耶が協力して制作した剣であり、できばえのあまりに剣に自分達夫婦の名前をそのままつけた剣というところが「夫婦剣」としての由来になる。
対して騒速と大通連は、田村将軍と鈴鹿御前の剣合わせに使われた剣であり、その後も夫婦二人による数多の鬼退治に使われた剣という点で大きく異なっている。

創作における夫婦刀

創作作品では騒速と大通連は夫婦刀として設定される事がある。

Fateシリーズ

Fateシリーズ』に登場するJKセイバー宝具のうち、大通連を真名解放した天鬼雨の説明では「展開数は250本だが、夫が持つ夫婦剣の素早丸(そはやまる)と連動解放することで500本の剣の雨で敵陣を蹂躙することができる。」とある。おそらくは夫婦刀の意味で夫婦剣と設定したのだろう。

関連タグ

鈴鹿御前 坂上田村麻呂

pixivに投稿された作品 pixivで「夫婦刀」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4733

コメント