ピクシブ百科事典

女六条宮

おんなろくじょうのみや

ネオロマンスゲーム『遙かなる時空の中で2』の登場人物。ネタバレ記事。

ネオロマンスゲーム『遙かなる時空の中で2』の登場人物。ゲーム中に実際に登場する訳ではないが、泉水ルート、彰紋ルートで重要な人物。CDドラマでは泉水の思い出の中(夢)で登場し、泉水を叱責し『お前は役に立たない子』『和仁様と大違い』などと罵詈雑言で泉水を苦しめている。

院の異母妹で、降嫁した内親王。源泉水の実母、和仁の叔母  
以下ネタバレ↓


























実は泉水の実母ではなく、育ての母かつ叔母、和仁の実母。

女六条宮が子の取り替えを行った理由
前帝(現在の院・彰紋の父)が20歳で即位したとき、院の異母弟A(女六条宮の長兄)が東宮に立ちました。しかし東宮は9年後病気で他界してしまいます。親王(院の異母弟B。女六条宮の次兄)は夭折した東宮の実の弟にあたる才ある人物で、通常なら彼が東宮になるはずでした。しかし前帝はこの親王を帝にはせず、実子(彰紋の兄)を東宮に立てたのです。これにより、前々帝(院や女六条宮の父)の妃Ⅱ(女六条宮の母)の方の一族は完全に傍流へと追いやられたことになります。前帝は実子を立太子させたあとも、親王(院の異母弟B)を有能さゆえに常に警戒し、圧力をかけ続けました。その結果、親王は出家してしまいます。前帝の強硬なやり方に憤った内親王(女六条宮)は自分の一族が帝位につけるように学策します。手始めに彼女は村上源氏氏長者である貴族に降嫁します。そして自分の側近の女御や多くのツテを用い、前帝がひとりの女御との間に子をなすように仕向け、自分も同じ時期に子をはらんだのです。やがて女六条宮には和仁が、前帝のもとには泉水が生まれ、女六条宮はこっそり二人を取り替えます。前例でいくなら前帝の実子の東宮(現在の帝・彰紋の実兄)が即位したあかつきには、すぐ下の弟(つまり取り替えられた和仁)がその座を受け継ぐ(東宮になる)はずでした。しかし前帝は実子に譲位する際(帝である自分は院に、実子の東宮を帝に)、寵愛していた妻(妃Ⅰ。彰紋出産の折に死去)の子ども、つまり彰紋を立太子させたのです。
女六条宮は怒りを感じるものの、子の取り替えがバレてしまうため、表だって騒ぐことはできませんでした。そのため彰紋を廃太子させ、和仁を東宮に立てようと虎視眈々と狙っています。和仁は
女六条宮の寵愛を受け、自分こそが東宮にふさわしいと刷り込まれているため、彰紋を憎んでいるのです。

泉水の遅い元服・昇進
 女六条宮にとって、泉水は本当の自分の子ではありません。むしろ、自分の野望のために取り替えてきた、憎い男(院)の息子なのです。女六条宮は憎しみの対象でしかない泉水に対して様々な手を使い、彼が出世したり目立ったりすることがないようにしてきました。そこで泉水は幼い頃から『お前は何の役にも立たないから、決して目立たず、人の邪魔にならないように生きなさい』と言われ続けたのです。女六条宮はまた、夫である内大臣にも『泉水は出世させないでほしい。あれは役に立たない子だから』と頼んでいました。そして自分の子では、泉水の異母兄(内大臣の別の妻との子)のほうを『とり立ててほしい』と願います。源氏一門の繁栄のためには嫡男の出世が一番だという女六条宮の言葉を疑いもせず、『内親王だった方がこんなに我が一族のことを考えてくれるとは』と内大臣は感動さえ覚えるのでした。
 そのような事情があり、泉水の元服は一般よりは遅めの15の時に行われました。このとき従五位下に叙され、式部少輔となります。2年後、官位はそのままで位階のみ従五位上に叙され、翌年には正五位下、式部大輔となりました。家柄を考えるとだいぶペースの遅い昇進ですが、これも女六条宮の根回しのためです。それでも村上源氏の氏長者の息子なので、一応は殿上はできる程度の地位が与えられました。しかしこれも、ただ内大臣である父親と、参議権代納言である兄の世間体のためでした。

出家を望む泉水だが…
 女六条宮にとっては、十分遅いと思われる今の泉水の昇進ペースすら我慢ならず、本来ならば出家でもさせたかったところ。しかし泉水には高い霊的能力があり、この能力ゆえに僧侶として出世してしまう可能性があるとして、出家すら許さなかったのです。(泉水は物心つく前から人の霊魂や精霊などの怪異が見えていました。何もない所で何かに怯えて泣いたり、見えない相手に話しかけるような霊感の強い子で、物心がつく4~5歳頃には、それが人に見えないものだと理解し始めていたようです)

また父親である内大臣は『出家は年をとってからで十分』と言っています。しかし泉水自身は出家に強い憧れ抱いていました。それは世俗から離れたいという漠然とした逃避の気持ちの表れのようです。

和仁の憎悪のきっかけはひとつの噂
 女六条宮に守られていたとはいえ、内裏内での評判は和仁の耳に入ってきます。その中の噂のひとつに『和仁が親王として認められないのは、帝(現在の院)の異母弟である親王(院の異母弟B)が彼を可愛がっているからである』というものがありました。本来なら東宮に立つはずだったこの親王は和仁の叔父にあたりますが、息子のように和仁を可愛がってくれた人物でした。和仁は、その叔父が出家した途端自分に親王宣旨が下った(5歳の時で、彰紋が立太子した翌日)ことから、その噂が本当だったのだと思い込んでしまいます。プライドの高い女六条宮の影響を強く受けている和仁は、叔父を憎み、自分を疎んじた父を憎み、そして自分が主流から外れる原因になった彰紋を憎むようになるのです。(出家した親王は、異母兄(院)に疎まれ、自分と同じように院に疎まれ内裏で立場がない和仁を不憫に思い可愛がっていたのに勘違いと思いこみから憎まれ、踏んだり蹴ったりである。)

皮肉
 院は実の子(だと思っているが実際には甥の)和仁を蔑ろにして、甥(だと思っているが実際には実子)の笛の名手である泉水を気に入り、管弦の宴を開く度に招いて、龍笛を下賜しているのだから、皮肉な話である。

 院は寵愛した妃の子(現帝と彰紋)を帝の血統に繋いでいきたいと考えたがゆえの行動を起こしたが、実際には帝と敵対関係になり疎んじるようになり、彰紋は帝(実兄)の味方になったわけだからやはり敵対関係になり(彰紋自身は父と兄に仲直りしてほしいと願っているが)、寵愛はしなかった女御(泉水の本当の実母で、この女御の血筋を帝の血筋にはしたくなかった)の息子である泉水を気に入ったのも皮肉である(泉水は院派だから院にとって味方勢力)。

関連タグ

源泉水 和仁 彰紋 皇族兄弟 虐待

コメント