ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

巴啦啦小魔仙之魔法海萤堡の主人公にして、冰蓝城(ビンランチョン)のプリンセス。英語版では「Nahiya(ナヒヤ)」。(おそらく中国語もナヒヤと読ませたかったのだろうが、中国語ではヒという音が存在しないためナシヤという読み方になっている)
1人行動を好み、冷静な性格。プリンセスという立ち位置のためか、プライドが高く、後述するように結構キツい言い方や行動が目立つ。
凌海昕ととは昔ながらの付き合いのようで、「娜希雅お姉ちゃん」と呼ばれている。当初は彼女たちにシャオモーシェンにすることを拒んでいたが、ひょんなことで魔法の力を得た彼女らをシャオモーシェンにすることを決意する。
海达王子とは、物語が始まる以前から面識はないようで、魔达王子は全くの別人と分かるまで同一人物だと思っていた。
得意技は攻撃魔法。

パートナー

名前モチーフ特徴
芒基洛洛エイ変身することで希雅と一心同体になる。
覇龙洛洛ネッシー第1話で不思議な水晶を守るよう命じられる。詳細な特徴は不明。
尼东洛洛タツノオトシゴパートナー妖精。騎乗魔法で巨大化する。
普普洛洛チョウチンアンコウ合体することで電光攻撃を放つ。
捣蛋洛洛シュモクザメ合体することで光速攻撃を放つ。遠距離戦に便利。
火爆洛洛ホホジロザメ合体することで光速攻撃を放つ。遠距離戦に便利。

各話ネタ、第1期

第1話

  • 少年たちがいたずらで海に逃げていく豚に投げたサンダルを魔法で浮かせ、投げた少年たちに絞り水で攻撃する
  • 天敵を電気で追い払う魚を見た瞬間、「私のパートナーにうってつけね」と話しかけ、そのまま妖精にする
  • 10年に1回しか魔法魚から吐き出されないという不思議な水晶を無事に入手。自分の手袋の内に収める。
  • だがその直後大地震が発生。震源が海萤堡であることを察知し近づこうとするが、バリアの頭頂部から闇のエネルギーが勢いよく噴き出してくる。必死に耐える中何かが通り去った。
  • 昏睡状態の海达王子を魔法で起こす。海达とその側近たちに事態を聞きつける。
  • 謎の地震によって海萤堡は外部からのセキュリティが機能不全になってしまうが、持っていた不思議な水晶でカバーするというファインプレー
  • 海达の要求をすべて無視。これは海达とは初対面ということもあり安易に協力してはいけないという彼女の信念による。
  • 去り際に海达から名前を訊かれるが答えず。
  • 人間界に蛸型海獣が出現。娜希雅が悦悠島から追い払うが、その直後に海达が移動魔法でビーチにやってきて来たために海獣を持ち込んだと誤解してしまう。しかもこの誤解が4話まで続く


第2話

  • 序盤で「海獣が人間界に現れるなんて前代未聞 連れてきたのはアンタね」外界でのトラブルの責任を全て海达に押し付ける
  • 海达はもちろんこれを否定し、国王と千贝之星を探すために協力してほしいと頼むが断る。更には尼东洛洛も首を横に振る
  • 去り際に海达にこう通達する。「1つ、私についていかないで 2つ、その衣装(海达の衣装)は人間界では外して」 
  • 海达から名前を訊かれるもやはり答えなかった。
  • 夜。人間界での住居である海昕の店にこっそりと帰るが、海昕と夏凡(以下2人組)にはすでに気づかれている。オカリナを持って部屋から出ようとするるが、待ち伏せされた2人組に海獣の騒動の真相を迫られる。
  • 2人組に「魔法を使わせてほしい」とお願いされるが、誤魔化した上巨大なゴキブリを召喚して追い払う
  • 海达が海獣を連れてきたと疑う矢先、後ろから声がして振り向くとビーチで3人の女子と絡む海达の姿が。呆れた希雅は彼を3人から引き離し、騒動について問い詰める。
  • 彼女の後ろにまたしても魔达が現れるが、海达の指摘で振り返った時にはいなかった。ついに痺れを切らし「空言はやめて 二度と人間界に現れないで」と吐いて去る。
  • 一人になったとき、尼东洛洛の姿が見当たらない。実は海达を無理矢理連れて行った際にはぐれてしまったのだ。召喚魔法も効かず、尼东洛洛を探すはめに。
  • ビーチに1話の蛸型海獣が再び出現。シャオモーシェンに変身して激闘の末追い払う。すると近くに透明魔法で透明になっていた尼东洛洛と2人組が。
  • 安心しているのもつかの間、浅瀬にフードを脱ぎ棄てた魔达が現れる。魔达は先程追い払った蛸型海獣を召喚させ、3人に襲い掛かる。襲い掛かってくる蛸型海獣に普普洛洛と合体変身。電気技で応戦し、「これ以上トラブルを起こすわけにはいかないわ、消えなさい!」ととどめを刺そうとするが、直前に海昕に止められ、娜希雅はその場で立ち尽くす。海昕が蛸型海獣に触れると、闇のエネルギーが浄化され元の姿に戻った光景に驚く。
  • 魔达を「闇のエネルギーに包まれた海达」呼ばわり。
  • 縄にかかった尼东洛洛が助けようとする2人組に魔法の能力を与えたことをしかめっ面で責め、2人組に授けた魔法を回収するように求めるが、海昕は拒否、凡は海獣との関係の如何を訊かれる。
  • 凡の質問に対し、「悪いモーシェンが海獣を人間界に解き放ったと思うの」と答える。そして「やつらが人間界に到達できないのは何ら驚きではないのに 海獣も本来は普通の魔法生物 闇のエネルギーは彼らをあのように変貌させてしまう しかし浄化された今なら魔法界に戻すことができる」と加える。
  • 「今だったら海昕が海獣を浄化できる!魔法でここ(人間界)を守れるようになりたい!」という2人組に押され、尼东洛洛が与えた能力を考慮したうえ、シャオモーシェンの変身を許可。3人で人間界と魔法界を守ると誓う。

第3話

  • 朝、一人で何かを考えていた。海昕が持ち込んだ朝食も「外に置いといて」と言うほど。
  • 海昕に何を考えているのかを訊かれると「昨晩ビーチを周ったけど、何も現れなかった」と言う。例の蛸型海獣の件で危険を察知した希雅は、人間界に多くの海獣が出現しているのではないかと悦悠島のビーチあたりを警戒して回っていたのである。
  • 「海獣は魔法界から現れるんでしょ?だったら魔法界に飛び込めばいいじゃん」と凡の意見に対し、「アンタたちの魔法はまだ不安定 とても危険よ」と島での残留を言い渡す。一人で考えていたのもそのためである。
  • 2人組に一緒に海萤堡に行こうとしつこく迫られた結果催眠魔法をかけ、「自分を守る力もないのに、どうやったら私を守れるの」と吐いて去る
  • そしてビーチで一人、昨日の海达について考えこむ。あの騒動は海达の仕業なのか。闇のエネルギーに感染しているように見えるのは何故か。するとそこに海に潜る魔达の姿が、追いかけようとシャオモーシェンに変身して後を追う。
  • 魔达が海獣を連れてとある場所に入るところを目撃し、目的地の特定に急ぐ。後ろから2人組も追いかけてくるが、魚群に阻まれ見失ってしまう。魔达は海萤堡に向かっていた。魔达は不思議な水晶で守られているバリアにタックルをするとなんとバリアに穴ができてしまった
  • 海萤堡の中でついに魔达に追いつき直接対決。猛攻的に攻撃を仕掛けるが、すべて避けられてしまう。すると魔达は上へ上がった。希雅も後を追うと2人の間に鯨が通りかかる。過ぎたときには魔达はもういなくなってしまった。
  • 弱音を吐く海达王子に後ろから魔法で攻撃(避けられるが)。海獣を持ち込んだことについて問おうとするも、海萤堡の国民が彼を信頼している光景を見て不思議に思う希雅。
  • 明杰から「希雅お姉ちゃんを探している人間がいたんだ」という発言を聞く。眠らせた2人組が魔法界に来たことに気づいたと同時に危険にさらされているかもしれないと感じ取った希雅は2人組が行った場所を訊いて速攻向かう。
  • 向かった先には2人組を襲おうとするシュモクザメ型海獣が。攻撃魔法で一時的に動きを止めるも、そのあと2人組に放った言葉が「向こう見ずすぎるわ」と怒鳴る。その後の戦闘は見学するよう指示(浄化は海昕に任せる)。激戦の末浄化したシュモクザメを自分の妖精にする。
  • その後、対峙する海达と魔达を目撃。漸く海达と魔达が別人だと悟った


第4話

  • 希雅は海达、维勒とともに王室へ。魔达についての詳細を海达に問うも、細かい情報は掴めない。希雅たちは国王と千贝之心を探すことを優先する。
  • 环海洛洛と小瓶洛洛に呼び出され、負傷したアシカ、宝贝を魔法で治癒。
  • 宝贝の話から、宝贝の母は闇のエネルギーに感染しているかもしれないと予測。海萤堡外で彼女を探そうとする2人組を心配するが、凡が「もちろん、娜希雅お姉ちゃんも一緒に行こう」と補足する。
  • 2人組と海达を含んだ4人で宝贝の母を捜すことに。宝贝の住居に到着すると、同じような洞窟が複数に分かれていた。娜希雅は2人組と一旦別行動で捜す。
  • だが手掛かりは得られず。その中凡の質問から黒いオーラを纏った、水晶を手に持つモーシェンを見たと言う情報を得る。千贝之星に関し重要なことにつながると勘付き宝贝に母の行方を無理にでも思い出させようと迫り泣き叫ばせてしまう。
  • 元気がない宝贝に海獣化した母を連れた魔达が現れる。親子が見つめあっているところを別の海獣が襲い掛かかる。娜希雅は捣蛋洛洛の髻錘攻撃で行く手を止める。娜希雅は(この時海獣を引き連れている王子の名前を知らないため)名前を訊こうとするが、魔达は宝贝の母を回収し、人間界に逃げ地上戦へと突入する。海达の海獣を出せという交渉に応じず魔法で仕留めようとし、娜希雅も同じく魔法で迎え撃ち互角の威力。
  • 海昕の補助魔法が間違って希雅自身に対象にしていることに速攻で気づき、魔达の魔法へ打ち返した
  • 凡も参戦するが、今度は受け止めが全く効かず岩場に吹き飛ばされる。その際「アンタたちの魔法にはまだ練習が必要なのよ」と叱責。プリンセスなんだったら大丈夫ぐらい言ってあげてよ。
  • 希雅は再び髻錘攻撃で回収していた宝贝の母をドロップさせる。
  • 海昕が海獣を浄化させ、母子は無事再会を果たした。尼东洛洛はその様子を見て嬉し涙を流す。希雅はその涙を補強用として海达に渡す。


第5話

  • 岩場で一人(と尼东洛洛)。海萤堡に手を付ける気がなくなってしまった。そこに海达から母アシカの発言から魔达がいると思われる极北之海に一緒に行かないかと提案されるが、「それはアンタの責任」と拒否。海达は理由として「极北之海は僕の能力ではどうにもならない」と言う。极北之海へ続く一本道は長年に渡り氷で塞がれており、ある時間にならないと開かないが、海达はその時間帯をも尋ねてきたため、王子でありながら問題解決のために人に頼ることに呆れを感じ、彼のもとを去る。
  • 夕方。未だ一人で座り込んでいるところに魔达が現れる。「驚いた顔をしないな」と魔达。「悦悠島から離れてないわよね?もしかして海达との話を聞いてたの?」と訊くと、「だったら暴いてみろよ」と悪い笑みをしながら挑発する。希雅はこれまでの疑問;海达と瓜二つな理由、海獣を連れ破壊活動を繰り返す目的を鬱憤を晴らすかの如く問いかける。魔达は「アイツら(海昕や凡)とどんな関係があるんだ」と訊き返す。「人間と魔法界の平和を破壊することは許さない」
  • 魔达は极北之海を塞ぐ氷を解錠するため手を組まないかと提案する。「アンタが誰で、何をしようとするのかもわからない。すべてを教えてくれるんだったら組まなくもないわ。ちょっと考えさせて」と言う(もちろん、組むつもりはさらさらない)。「どうしてアンタと組むわけ?」と訊くと、「それはお前より強いからさ」と挑発を重ね、乗ってしまった希雅が魔法攻撃をするところで戦闘に突入。
  • 魔达は希雅の先制攻撃を避け、尼东洛洛に拘束魔法を発射。希雅は尼东洛洛を庇い、代わりに彼女が拘束にはまってしまい、魔达はそのまま去っていった。
  • 尼东洛洛の呼びかけで海昕と凡が駆け付けるも、せいぜい喋ることしかできない希雅は魔法の指示をし、無事浄化することに成功。拘束魔法もようやく消え、二人の活躍を認めた希雅はモーシェンとして合格のお墨付きを押す。
  • その後雄おじさんのパーティーが無事開かれたが、希雅は参加しなかった。何故。


関連タグ

巴啦啦小魔仙之魔法海萤堡

関連記事

親記事

巴啦啦小魔仙之魔法海萤堡 ばららしゃおもーしぇんのうみのまほう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「娜希雅」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2406

コメント