ピクシブ百科事典

小烏丸(刀剣乱舞)

こがらすまる

ブラウザゲーム『刀剣乱舞-ONLINE-』に登場する刀剣男士
目次[非表示]

刀について詳しくは→小烏丸参照

プロフィール

小烏丸
刀帳124番
種類太刀
刀派不明
刀工不明
一人称
身長不明
保志総一朗
ホノジロトヲジ


「我は今の形の日本刀が生まれ出づる時代の剣。言わばここにいる刀剣の父も同然よ」
「我が名は小烏丸。外敵と戦う事が我が運命。千年たっても、それは変わらぬ」

概要

2016年11月12日に公式Twitterにて実装が発表された刀剣男士
その後、同年11月18日から11月21日までの期間限定鍛刀キャンペーンで入手可能のほか、更に11月24日より開催されるPC版限定イベント「秘宝の里~楽器集めの段~」(2017年1月31日にもアプリ版と同時開催)でも入手可能と、入手できる機会が多数設けられている。
当初のレアリティは『4』だったが、これは誤りで本来は『5』であることが運営から発表され、修正される旨が伝えられた。
尚修正に伴うステータス等の変更、見直しはない。

公式Twitterの紹介

古来、重宝として名高い太刀。
一説では日本の刀剣が日本刀と呼ばれる形になる成立過程にある一振り。
故に、烏の童子を想わせる姿で励起されるが、他の刀剣たちは言わば我が子であり、自らはその父として振る舞う。
公式Twitterの紹介文

キャラクター像

人ならざるもの感の強い細身の美少年で、その名の通り烏の翼を思わせる特徴的な髪型をしている。
目の下に黒い点を化粧し、瞼と唇にも紅を差すなど妖艶な雰囲気を纏っている。ちなみに眉なし。
戦装束では緋色と黒の水干風の和装を纏い、足元は裸足
内番も黒の簡素な衣装となっており、洋装率が高めな刀剣男士の中でもかなり和の趣が強い(これは「平家物語」において、平清盛が市井に放って間者として用いた禿(かむろ)という少年達が元ネタではないかと思われる)。

戦闘ではボスマス到達時に「大将首は昔から一番の名誉」と言ったり、淡々と「壊す」「倒す」「侵略す(クリティカル時)」と言いながら切り捨てる等いささか物騒。
中傷時や真剣必殺時は目のやり場に困るほど衣装がはだけ、玉の肌を露わにする。

獅子王と共に出陣すると回想が発生。
じっちゃんが大好き」と発言する獅子王に対して「ならば父こそじっちゃんとして崇めるに値するぞ」と鷹揚に許可するが、あくまで前の主をじっちゃんと呼ぶ獅子王に「お前のようなじっちゃんがいるか」と返されてしまう。
しかし当人は怒る様子もなく、反抗期かとボケをかましつつ「内実を取ればお前自身がじっちゃんになってしまう」(※獅子王は平安生まれ)と的確なツッコミを入れるなど、なかなかお茶目な所を見せた。

このように自らを「全ての刀剣の父」と称しており、他の刀剣を「子」と呼ぶなど、文字通り父親のような立ち振る舞いをする。
それでも審神者にはちゃんと敬意を払う律儀な一面も持ち、そうした対応も相まっていつしか父上及び「お刀様(おとうさま)」と呼ばれるようになった。

余談

担当声優が保志総一朗と発覚した際、多くの審神者が石田彰ボイスの男士の実装はまだか」とざわついた。
実装される時が待ち遠しいものである。

関連イラスト

小烏丸
小烏丸


刀剣の父
小烏丸


関連タグ

刀剣乱舞 刀剣男士 太刀男士

グループタグ

鳥太刀

pixivに投稿された作品 pixivで「小烏丸(刀剣乱舞)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 812192

コメント