ピクシブ百科事典

御津闇慈

みとあんじ

ARK SYSTEM WORKSの対戦型格闘ゲーム『ギルティギア』のキャラクター。壊滅前の日本に生まれた生粋のジャパニーズ。束縛されることを嫌い、自分の気ままに世界をさすらう熱血漢。入手経路は不明だが、神器『絶扇』を持っており、自身の「舞」を合わせてこれを振るって戦う。梅喧に肩入れする一方、黒幕側とも接点を持つ。
目次[非表示]

プロフィール

出身地: 壊滅前の日本
生年月日: 1月1日
身長: 183cm
体重: 68kg
血液型: B型
趣味: 体を激しく動かすスポーツ、旅
大切なもの: 信念、自由
嫌いなもの: 天邪鬼、屁理屈
アイタイプ: 黒

概要

すでにギルティギアの世界では貴重な存在となったジャパニーズの青年。小さな鼻眼鏡とムキムキの半裸姿、扇型の神器『絶扇』と頭に被ったブリーフ…ではなく頭に巻いた白い布が特徴。
ちなみに半裸の理由は「当たると痛いから死ぬ気で避けるため」である。半裸のせいか、ことあるごとに他のキャラから「露出狂」呼ばわりされているが本人は気にしていない。(というか、半裸は闇慈だけじゃないってば)
日本人を保護・管理するコロニーの出身だが脱走し、身分を偽り旅を続けている(とはいえ仲間意識はあるらしい)。目的はギアの成り立ち等を確かめるため、知的探求心のために「あの男」を追う事。
GGXXでは一時的にだが、あの男につきイノの後始末を任されていた。だがあの男と配下のレイヴンからは完全には信用されておらず、闇慈の方も分岐次第であっさり縁を切っている。
姐さんと慕う梅喧を助けたいと真剣に考えており、時には復讐に我を失っている梅喧に対し「自分(闇慈)の首を切れ」と覚悟を決めて迫る事もある。
参戦キャラクターの中ではジャパニーズに関する知識が一番豊富とされており、日本人のメイ、日本に憧れを抱くチップとも少なからず関連性がある。チップには日本語を教えている。
神器のひとつ「絶扇」を所有し、日本に古来から伝わる舞を特技とする。絶扇は大きさを自在に変える事が出来、専ら戦いに用いる。絶扇の入手経路は本人曰く「落ちてたのを拾った」らしい(ギルティギアXTRAでは「持ち出した」事になっている)。

GGXrdの参戦キャラクター人気投票では5位に組み込む健闘を見せた。XrdにはREV2の梅喧のエピソードモードで初登場し、梅喧と連絡を取り合っていた。半裸が印象的なキャラであるが、登場時には上着を着ていた。

性格

殺伐とした世界観におけるGGにおいて、少数派に当たる楽天的かつ熱血漢な性格の持ち主。
戦闘中も「腰が入ってねぇ!」とか「チョロチョロしてんじゃねぇ!」とか妙にテンションが高い。
誰に対しても基本的にはため口で、カイ=キスクに勝ったときのセリフである「私の名前は御津闇慈……ってぇ、痒い! 俺様にはこんな言葉遣いは無理だ!」は彼の性格をよく表している。
ただし本来は打算的な性格をしている。

性能

ガードポイント(GP)と呼ばれる打撃ダメージを無効化しながら攻撃を行う個別のシステムを持ち、この特性を持った技でのぶっ放しや割り込み、飛び道具の疾を絡めた起き攻めが得意。

BGM

・風雅(GGX - )
サビの三味線が印象的な和風ロック。
英語の曲名ばかりなGGにおいて珍しく日本語だったりする。

関連イラスト

雪闇慈
闇慈



関連タグ

ギルティギア 「あの男」
闇慈(表記揺れだがこちらのタグの方がイラストが多い) 闇梅(カップリングタグ)

pixivに投稿された作品 pixivで「御津闇慈」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 210486

コメント