ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

プロフィール編集

身長232cm
体重221kg
血液型解析不能
出身地不明
生年月日9月2日
アイタイプ黄色
趣味睡眠
大切なもの自分
嫌いなもの人間
所属なし(コピー機は終戦管理局)
CV森藤卓弥、桜庭わかな(XX〜AC+)(旧・緒川ゆみこ)、藤田佳寿恵(Xrd)

概要編集

「あの男」によって作られた完成型ギア壱号機。指揮官型であり、全てのギアを操る能力を持つ。

人間を素体としており、明確な自我と知性、そして圧倒的な戦闘能力を持つ最強最悪のギア。

生体兵器らしからぬロボット然とした風貌(モデルはテッカマンブレードらしい)。

なお、こう見えて《女性》である。


最初は人類に従順なギアだったが、後に人類に反旗を翻し「人類抹殺」を宣言。手始めに他の全てのギアを率いて日本列島に総攻撃をかけ消滅させる。

これに対し人類は対ギア組織「聖騎士団」を結成する。人類とギアとの100年に渡る「聖戦」は、ソル=バッドガイに無力化させられたジャスティスが、聖騎士団の手によって封印されて終結する。

こうして世界を火と恐怖の海に陥れた彼女は、【最強のギア】として今なお伝説に語り継がれる。

(なお、日本消滅に関してXrdでは、起動実験中に想定外の出来事が起こり、このままでは日本を中心に全世界が未知の生物に侵食されることが判明したため、全世界に影響が及ぶ前に消し飛ばすしかないという「あの男」の苦渋の決断の末、強引に特大のガンマレイを放射させられたというストーリーに変更されている)


その後、配下のテスタメントの手により復活を遂げるが、ソルとの死闘の末に完全に破壊され息絶える。


『Xrd SIGN』では国家元老院によって肉体が復活し、『Xrd REVELATOR』では巨大な姿と化し、慈悲なき啓示が回収した。実はこれがジャスティス本来の姿で、それ以前に出てきたものは封印後の姿である。


ジャスティスコピー編集

『GG XXAC+』ではロボカイの製作者であるクロウによってコピーのジャスティスが作られた。

自我は無く完全に人間の手によって制御可能。またギアを支配する能力はない。

戦闘能力はクロウ曰く「オリジナルに肉薄している」とのことだが、同時に「オリジナルには遠く及ばない」とも評され、試作段階のためか作中では戦闘データの採取をしつつも戦闘で破壊されることが多い。


血縁編集

娘にハーフギアのディズィーがいる。ジャスティスが封印される前に子を宿しており、卵生出産した後は孵化させずどこかに隠していたらしい。

さらに彼女とカイ=キスクの間に生まれた子供シン=キスクは、すなわちジャスティスの孫である。


素体編集

機械的な外見をしているが、素体としているのは「アリア」という人間の女性。かつてのソル(フレデリック=バルサラ)の恋人であり、フレデリックや「あの男」とチームを組んでいた。


彼女の本来の姿は、白衣姿に赤い髪にグリーンの目をしたスマートな雰囲気の美女。10代で飛び級して情報工学博士号を取得した才女である。

フレデリック&アリア

フレデリックとアリア


死ぬ間際に人間時代を思い出し、ソルに対し「また3人で語り合おう」と言い残している。

ソルはその言葉に「ジャスティス…?」と怪訝そうな反応を示したあと、「……ああ、まだ叩いとかなきゃならねぇ野郎が居る」とギアの産みの親であるあの男への復讐を誓うというのが初代のエンディングだったのだが、「Xrd」ではジャスティスの言葉の真意を理解しておらず、ジャック・オーとの会話から「ジャスティスの正体はアリア」という事実にようやく気付くのだった。

この展開は多くのファンに「初代のEDはなんだったんだ」「あからさまに知己を匂わすあの言葉でまったく心当たりなかったのか」と突っ込まれる事態となった。


『2』以降で彼女を元にしたヴァレンタインシリーズが3人も登場した。ヴァレンタインはアリアに瓜二つであるが、ラムレザルは褐色肌など少しずつ異なっている。


XrdRのストーリーにて『ジャスティス』は完全に完全に消滅している。


戦闘能力編集

ロボット然とした風貌に似合って内蔵武器や腕が変形した剣を武器に戦う。

代表的な必殺技は両肩から極太レーザーを放つ「ガンマレイ」。言うまでもなくテッカマンブレードのボルテッカである。


格闘ゲーム的な性能は鬼畜。 この一言に尽きる・・・・・・。


まず、挙動速度そのものは遅いものの、空中ジャンプ・空中ダッシュともに最大2回まで可能、さらに空中ダッシュに至ってはロケット並の速力と推進力であり、一度空中コンボに持ち込まれると少ない手数でもごっそり体力を減らされる。

必殺技も、

  • 発生が非常に速い斬撃「ミカエルソード」
  • 下段以外を易々とで絡め取る当て身技「ヴァルキリーアーク」
  • バック転しながら相手を電撃で打ち上げる新機軸の高性能対空技「S.B.T(ストライクバックテイル)」
  • ゼロ距離射撃されるとものすごい削り(ガード時の蓄積ダメージ)とヒット数を叩きだす覚醒必殺技「インペリアルレイ」
  • ”使えない”という触れ込みを疑いたくなる高速発生で便利な一撃必殺技「イグゼレイザー」

・・・・・・など、

ボス仕様の体現というほど高性能技がそろっている。


ことラスボスを務めた初代では、まず「インペリアルレイ」がノーゲージで撃てる通常技であり、うまく当てれば即ゲージが100%貯まるという代物だった。また、各技の気絶値が非常に高く一度コンボを食らったらそのまま続けざまに攻撃を食らって負ける事もあった。さらにAIのアルゴリズム(行動パターン)が自体にいわゆる超反応まがいな性能を与えられたため、エンディングを見るまでに2ケタを軽く超える回数でボコられる

下手すると初代の仕様上、一撃必殺技も出したい放題なので油断した隙に大気圏突破してデストローイがデフォ・・・・・・。

救いは体力が減ると「ガンマレイ」を連発してくるところである。画面端まで届く極太のビームを長時間射出するこの技の攻撃力は絶大だが、発射までが非常に遅いので反撃の絶好の機会と成り得る。また下段ガードがザルと言う欠点があり、キャラによっては下段を延々擦ってるだけでも楽に勝てる事もある。


『X』では隠しキャラとなってインペリアルレイがゲージ消費となり下方調整されたものの、『XX』になってまさかの新技導入

それも、飛び道具をかき消しながらバカでかい攻撃判定をぶちかます炸裂弾「N.B」、さらに「見てから余裕」の超高速発生・画面端リーチの万能斬撃「ミカエルブレード」が追加された。

特筆すべきは、どちらも相手を空中に浮かせる判定を持ち、非常に優秀な空中コンボのパーツになることであり、見事凶悪キャラの座に返り咲いた

更に、家庭用のみの隠しモードであるGGモードでは新技がある状態で極悪な初代の仕様が復活する。


・・・・・・なんなんだアンタ


『XX#Reload』以降は姿を消した(家庭用ではずっとタイムリリースキャラとして存在していた)ものの、家庭用『XXAC』で再臨。

他のキャラクター同様にフォースブレイク(壁コンで大活躍な突進技「サペリアートランス」)が追加された。


『AC+R』では遂にプレイアブルキャラクターに返り咲くが、設定上コピーであるため大幅に弱体化している。ダッシュが削除された事で、機動力が大きく低下。隙の小さい通常技の発生が軒並み遅くなったため近距離戦が弱くなり、画面制圧力の高い必殺技を駆使して中距離から攻撃していくと言う独特の性能となった。ただし、より遠距離に特化したキャラが相手だと発生の遅い必殺技をことごとく潰されてしまうので、キャラ相性によっては非常に苦しい戦いを強いられると言う玄人向けのキャラだった。


ちなみに『AC+R』ではまたもやな新技としてテンションゲージ100%消費の覚醒必殺技「オメガシフト」が追加される。

これは所謂「ドラゴンインストール」系の自己強化技であり、制限時間こそあるものの『XXAC』以前同様の高機動力(地上ダッシュ、空中三段ダッシュ、三段ジャンプ)が解禁され、さらに地上技がダスト以外ジャンプキャンセル可能等の超攻撃的である本来の凶悪無比な性能を発揮できる。

しかし「ドラゴンインストール」同様に効果時間終了時に無防備な姿をさらす羽目になり、最悪そこから即死コンボもありえてしまう他、そもそもジャスティスは他に非常に優秀な技が多いため、テンションゲージを100%も消費してまで出す程の技かどうかという問題もある。

余談にはなるが、家庭用金カラーのジャスティスには「オメガシフト」非使用時のダッシュ等の削除はもちろん無い極悪仕様。言い方を変えれば金ソルのような常時オメガシフト状態とも言える。


余談編集

  • 独特の叫び声が印象的で、「シャアアアアアッ」や「Let's Duel !!」などの機械的でこもった音声から、空耳の宝庫にもなっている。
  • 外伝『フロジャンプッ!!』では操作可能キャラとして参戦した。
  • テーマ曲のタイトルは『Meet Again』。表面的に見れば自分を破壊した仇敵との再会、または封印された状態から復活し、人類に再来を告げるとも取れるが、ジャスティス=アリアであることを知っていると意味も違ってくるのかもしれない。
    • なお、XrdRでのテーマ曲でいきなりギターソロパートとしてMeet Againのフレーズが挿入されている。
  • 家庭用の隠しカラーであるSPカラーは元々やりたい放題な傾向があったのだが、ジャスティスはエヴァンゲリオンのパロディで、TV版の初号機、弐号機、零号機、零号機改のカラーとなっていた。

関連イラスト編集

ジャスティスジャスティス【カラー】


関連タグ編集

ギルティギア

ソル=バッドガイ ディズィー

クリフ=アンダーソン テスタメント

「あの男」 ヴァレンタイン

テッカマンブレード

関連記事

親記事

ギルティギアのキャラクター一覧 ぎるてぃぎあのきゃらくたーいちらん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 377758

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました